愛すべき全てのワンちゃんとパートナーの良い関係を大切に
主に都会で暮らす家庭犬とそのオーナーが、
基本的なしつけとマナーを実践できるならば、
いずれ交通機関や公共施設など社会は広く犬を受け入れるようになるでしょう。

愛犬同伴のレストランやテーマパーク、ペットと暮らせるマンションなどが増えるにつれ、
生活の潤いを満たすだけでなく経済効果や社会構造の変化にも、関心が高まるかも知れません。

犬との生活は愛犬家はもとより子供の情操に役立ち、
花いっぱい運動のように街並みや環境の豊かさにも反映される筈です。

一方このことは盲導犬など身体障害者補助犬の
社会的受け入れは当然であるとの認識をもたらし、
障害者の社会参画を促すなど意義は大きいと思われます。

当ドッグカフェはこれらの理念を常に念頭に置き、
地道な一歩を踏み出した愛犬家の集いそして学びの場として運営いたします。

1) 愛犬に対して

@ 他犬と触れ合うことで得られる犬としての社会性を育む場を提供します
A 人と触れ合うことで人間社会でのマナーと立場をわきまえた犬を育む場を提供します
B 様々な社会経験および基本的なしつけを実践できる場を提供します

2) オーナーに対して
@ 共にいる喜びや楽しさを愛犬と共有できる空間を提供します
A 人や他犬との中で愛犬を制御すること、またその方法を学べる場を提供します
B オーナーとしてのマナーを発見できる場を提供します
C 他犬とのふれあいの中で様々な犬種を知る喜びの場を提供します
D オーナー同士の交流を含め、犬に関する情報交換の場を提供します

3) 社会に対して
@ 犬との暮らしを考えている方々に現実的で発展的な情報交換の場を提供します
A 愛犬家の自覚と新たな人と犬の関係が何であるかを発信し理解と協力を求めます
B ペット関連に携わる人々と共に今後のヒューマンアニマルボンドについて考えます
C 身体障害者補助犬への協力と啓発をサポートします


| メールで聞きたい | top | Home |