From the North Country

16歳。我が家の愛犬アモの誕生日に 2017年04月18日(火)

  イエーイ!
我が家の愛犬アモ、今日が16歳の誕生日でした。
手作りジャーキー・赤飯と花束それに私たちへのスイーツなどいただきありがとうございました。

アモの最後であろう誕生日を祝っていただき感謝申し上げます。

16年前のあの日、私は盲導犬の繁殖犬/スウィートが出産する動物病院にいました。
男勝りの女医が大きな声でスタッフに指示しながら次々と仔犬を取り上げていました。

まさかその中の一匹が、一年後、盲導犬の適性検査に一発で落ち、さらに数年後いろんな変遷を経て我が家の愛犬になるとは夢にも思っていませんでした。

ともあれ今朝と今夕、たっぷりのステーキがトッピングされた食事を堪能したアモであります。
今日は嵐で散歩はできませんでしたが、日々2キロは歩く現役のわんこであります。

そのわんこと長い間暮らし、それ以前に長いこと盲導犬を育成し、この14年は家庭犬を見てきた私には、我が家の愛犬アモに代わってはっきり伝えなければならないことがあります。

それはこれからの家庭犬との暮らし方への警鐘であり、このところのわんこが人を噛む事件への総括というか、いわゆる専門家とメディアへの批評でもあります。

たとえば先日のゴールデンが赤ちゃんを噛んで死なせた事件。
あの時、札幌のテレビ局から私にコメントの取材申し入れがありました。

“万人がある程度納得し、すでにわんこを飼っている人々がちょっと注意すれば防げた事件”であるかのようなコメントを期待しての申し入れだったように感じました。

が、私は「私への取材はやめた方がいいですよ。今のようなわんこの育て方をしている日本社会では何が起きてもおかしくないと思っていますから。それなのに『ペットは家族の一員』とかしゃーしゃーと言ってる時代ですよね」と辛口のコメントをする旨を伝え、さらに「今の時代、迷惑かけずに避難所生活できるわんこと飼い主がいったいどれくらいいると思いますか?」と追い打ちをかければ、取材の主は危険を回避するかのように電話を丁重に切りました。

だって普段のテレビ放送ではペットショップの現場中継とかいって
「いやぁ、わんこに囲まれて幸せです!可愛いですねぇ」と呑気な感性に浮かれた表現で利益を生む番組を構成させているわけですから、カメを飼育するような感覚でわんこの生体販売を行っている業界に対して滅多な現実は放送できません。

でも、メディアですから専門家の意見を前面に立てたようなふりをし、自らの責任だけは回避しつつ、巧みに世論を誘導するかのようにまとめた結果が
『ゴールデンレトリーバーのような大人しいと言われている犬種でも、このようなことが起きるのですから、あくまでも犬はイヌと捉えて、専門家のアドバイスを受けながらちゃんとしつけをするのが必要なのかもしれません』と活字になり放送もされる。

バカか、私は思う。

千葉でベトナム国籍の女の子リンちゃんが殺された。
一件でも忍びないのに似たような事件が毎日報道される。
シリアでサリン爆弾がさく裂し、たくさんの子供を含む人々が殺された。
国際面ではそんな報道も日常だ。

『人間のような大人しいといわれている動物でも、このようなことが起きるのですから、あくまでも人はヒトと捉えて専門家のアドバイスを受けながらちゃんとしつけをするのが必要』・・・
前述のわんこについてのコメントと重ねてみてごらん。

人は立派な大学を出ても、『首を吊るために賢く生きてきたのか』と悲しくなる悪さをすることもあれば、環境を破壊し、身近な人すら欺き、殺すこともありますが、わんこはちゃんと育てれば、まず滅多なことでそんなことはしません。

あのゴールデンの飼い主を責める意図も、あのゴールデンレトリーバー(きっと名前があるのでしょうけど)を擁護するつもりもありません。

ただ、私たちは今の自分がどこにいて何をしているのか、どんなスタンスで暮らしているのか、を知っておくべきではないかと思っただけのことです。

人々はわんこについてあまりにも無知で失礼です。
わんこは育てられたように育っていて、私の主張について『そうだそうだ』と感じる飼い主ですら、その一員であることに気づいていないことに根の深さを感じております。

自分のわんこは可愛いに決まってる。
そのわんこがちゃんと社会の一員であるために、普通に育てる大切さに思いを馳せ、学べるしくみがあればいいですね。

うちのわんこ、酔っ払いのおやぢにここまで書かせてくれました。
君と暮らせて私とKは幸せでした。
ハッピーバースデイ、アモ!
 

記憶に残すカフェ・ガーデン 2017年04月11日(火)

  春のガーデンはひっそりとオープンしております。

もう、どこをどう走っても大丈夫な状態なのですが、実はあまり宣伝はしたくないのです。

カフェのガーデンはあくまでもスペースであって、ドッグランというくくりで紹介したくはないのです。

つまりはドッグランという目的でのご来店は『ちょっとお控えください』と正直に申し上げておきますね。

というのも、市内の大きなドッグランが昨年閉鎖になってから、その代替場所を求めたお客様の来店が増えているように感じるからです。

さらに、ドッグカフェナガサキの『ドッグカフェ』という概念は、
世の中にはちゃんとしたわんこや飼い主がいるのに、わんこ連れで美味しい食事をとれるお店がなかったし、わんこ育てを学びたい方を受け入れるお店がなかったから開業したということをお知りおきください。

ドッグカフェだから、吠えようが粗相しようが『何でもアリ』なんていう了見のお店ではないということです。

商売としては大きなマイナスになるのですが、スタンスを示しあらかじめ公開しておいた方が、利用されるお客様とお店の関係においては大切ですよね。
ゴールデンウィークも近いのですから…

・おりこうなわんこ
・お利口でなくてもちゃんとしたいと努力している飼い主さんのわんこ
・その飼い主さん
・とんでもないわんこと一緒に、仔犬育ての相談をされる飼い主さん

そんな方がカフェのお客様と言えるでしょうかね。

逆に言えば
・わんこが吠えたり他犬にちょっかいかけてるのに無頓着な飼い主さん
・成犬なのに未去勢のワンちゃん
・マナーベルトをしているから、「ちゃんとしてます」というわんこと飼い主さんには『なんか、なんかなぁ』と正直思ってしまいます。

つまりはイヌと暮らす方々の憩いの場ではなくて、わんこと過ごすという共通の感性を持ってる人々の空間がカフェなのかな、なんて思っています。

9月頃までの営業ですから熱心であり楽しくやりたいものです。
 

ガーデン情報4.7 2017年04月07日(金)

  今日現在のガーデンのコンディションです。
わんこの排泄には使えますが、走り回ったり遊び戯れるにはムニュっとして汚れたりする部分が半分ほどあり、ガーデンの養生のためにもあと数日は休ませてあげたいところです。

さて、
1.前回この欄のエイプリル問題の答えは1番のエゾリスがウソでした。
ほとんどの方が外れたから、1万円賭けてば私が大儲けでした。
2番のガーデンの空洞は本当で、今年は雪解け水による池ができずに、どんどん吸い込まれていました。ちょっと不気味。
3番のタバコの煙も私にとっては心地いい香りのするものです。吸いたくなる誘惑は全くありません。だってたぶん一生分吸ったからでしょうね。
言っときますがあくまでも休煙ですからね。

2.3月のファーガス基金の報告です。
カフェ募金が9,365円ありました。
これまで寄せられた募金は121万3130円となり、目標額の150万円までついに30万を切り、28万6870円となりました。
凄いことですよね!We can DO it!

告知です!
『補助犬への理解を進める集い』というのが開催されます。
ファーガスが寄り添ってNさんのトークもあります。
日時:4月29日(土)午後3時〜6時
会場:大通西3 北海道新聞本社1階イベントスペースDo−Box
前売り券500円 当日券600円
是非出かけてみてください。

3.5日の朝、N家のMダックス/モカがゴールデンのあんこの腕の中で、家族に看取られ安らかに息を引き取りました。
15歳5か月の天寿全うでした。
長い付き合いでしたが、「幸せだったね」以外の言葉が見つかりません。
 

エイプリル2017 2017年04月01日(土)

  ガーデンの春準備のため、今日から立ち入りができなくなりました。
ご協力をいただいた皆様、ありがとうございました。

私は膝と腰と腕の養生をしながら、ガーデンの氷を割って一日でも早いガーデン開きにいそしみます。
皆様はガーデン養生のためもうしばらくわんこの立ち入りをご遠慮ください。

さて、今日はご存じのとおり4月1日でした。
そこで質問です。
次の3つの中にひとつだけウソがあります。

1.今朝カフェ駐車場のバードテーブルにエゾリスが来てヒマワリの種を食べていました。

2.ガーデンの地下に空洞ができたのか、例年なら池になる雪解けの水が吸い込まれていきます。

3.タバコの休煙を始めて1年半になりました。コンビニの出入りの時、端っこで吸ってる人の煙が流れてくると「いい香り」とニコッとします。

さあ、ウソは何番でしょうか?

正解は次の更新の際に。
当たれば1万円、外せば1万円のスリルを是非お楽しみください。
って、どこまでがエイプリル?
 

気楽な稼業・・・気象予報士 2017年03月30日(木)

  ♪スイスイスーダララッタ スラスラスイスイスイ♪

『週明けからは二ケタの気温が続いて、春が一気に近づいてくるでしょう』
2週間も前からテレビで気象予報士が、あたかも自分の手柄のように満面の笑みを浮かべてノタマワッテおった。

だから私は意を決して昨日ガーデンの雪を飛ばし、春の準備のため週末からガーデンへの立ち入りを禁止した。

ところがどうだ!?
今夜の外は辺り一面銀世界、それも一体なんぼ雪が積もってんのさ!

スーダラ節で暮らせる人よ。気楽な稼業よな。

私がもし若くて、気象予報士の能力があって資格が取れたら、流されてくる情報だけでのうのうと予報をする職業人にはならなかったと思う。

『気象庁の情報では以下の予報となりますが、私が収集した地域の状況では、大雪の可能性が高いと考えております』と、数日前から予報できる職業人でありたいと思うし、少なくとも今回のようなとんでもない予報違いの際には『ごめんなさい!間違った予報で多くの方にご迷惑をおかけしました。』と率直に謝罪する姿勢を貫き、次への意識を高めたいと考えるだろう。

あまりにも意外な大雪だったから、今夜は誰かに当たり散らかしたくなり、気象予報士に矛先を向けてしまった。

11時を過ぎた頃、
「アモちゃんシッコ行くよ」と、何度もKがアモに呼びかけている。
10分過ぎてもアモは起きてこない。
Kの部屋に行って「アモ、シッコ行くよ」と私が加勢しても、アモは大あくびを何度もするだけで起きようとはしない。
しばらくの時間が我が家の濃密な時間でもある。

そんなやりとりをアモは毎晩楽しんでいて、Kと私はボケずに頑固さを主張するアモとの時間を心地よく思っている。
やっと起きて外に出たアモは、大雪をにこやかに見ていた。
天気予報のハズレは私の許容範囲を超えていたけど、アモにとっては『ふうん、雪降ったんだ』と心深い。
 

ガーデン情報3.27 2017年03月27日(月)

  週末のガーデンはとても良いコンディションでしたが、いよいよ春の準備に入ります。

ガーデンは29日(水)の午前中までの使用とさせていただきます。
以降当分の間、立ち入りできませんのでご了承ください。
 

ガーデン情報3.21 2017年03月21日(火)

  夜の気温がマイナスだったので、この3連休のガーデンのコンディションはなんとかなりました。
今夜は23時現在小雨が降っています。
未明にはみぞれ状態になると思われますので、明日水曜日もなんとかなりそうです。

となると、定休日を挟んで今週末のガーデンがどうなるのか気を揉まれるところです。
私の予想では、トイレとして使うには大丈夫でしょうが、遊びまわるというのはちょっと、というところでしょうか。
気温など状況を見ながら雪山の雪を最終活用したいと思っています。

いずれにせよ、使用不可となれば2週間程度はガーデンへの出入りができなくなり、排泄は駐車場でお願いすることになります。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
 

冬は終わったと思っていいのかな。 2017年03月17日(金)

  暖かい日が続いてガーデンの雪が一気に解けてきました。
明日18日からの3連休は使用できるよう頑張ってみますが、日曜月曜はさらに気温が上がるそうで、ひょっとしたら使用不能?…ということがあるかもしれません。

お知らせ欄かこの欄でガーデン情報をお伝えさせていただきます。

さて、我が家の愛犬アモ。明日18日は15歳11か月の小誕生日です。
昨日は千歳のイコロ動物病院でオゾンを注入後、締まって歩きやすかった雪の森を散策しました。
オゾンの後はやはり元気になります。

ただ、今日も千歳の森を2キロほど歩いてきましたが、この1ヶ月の歩きにおいての衰えははっきりしたものがあります。
途中何度か立ち止まるようになりました。
16歳までのあと1ヶ月、果たして歩き続けることができるでしょうか。

雪解けで歩きにくく、アスファルトが出た道は靴を履いて爪からの出血が無いようにしています。
気力はありますね。
昨日から上半身の補助ベストを着せました。意外と似合うところがおかしいです。

もっと暖かくなって足腰の動きが楽になると、ひょっとしたら現役での16歳が迎えられるかもしれません。
頭も内科的にもたいした問題はないのはどうしたことでしょう?
アモは4年前からがん患者だったのですが…

ともあれ私とKはアモの状態を見ながら、手厚く3人で暮らすか、何らかの決断が必要か、日々判断しながら過ごしております。

健やかで雪も消えた綺麗で暖かな春を迎えたいですね。
 

ドッグカフェナガサキのドッグカフェ 2017年03月13日(月)

  今、日本全国にいろんなドッグカフェがありますね。

そしてこれからも、自分の夢だったドッグカフェを始めたいと考えておられる方がたくさんおられることでしょう。

わんこと一緒に旅する人にとって、あるいは地域の中でわんこと暮らす人々にとってドッグカフェはとってもありがたい存在だと思います。

今夜はドッグカフェ経営の経験を少しだけお話ししておきましょう。

今から14年前、私とKはドッグカフェをやってみたいと思い、それがどんなところなのかといくつかのカフェを巡りました。

私は元々盲導犬の訓練士でしたので、わんこの能力というか、人間と暮らすうえでのわんこのポテンシャルの高さ/レベルを熟知していました。

だからドッグカフェの顧客の意識の高さと、愛犬のしつけのレベルにはそれなりの期待感を持っていました。

が、その期待はすぐに裏切られました。

まず、ドッグカフェに入店した途端の悪臭。
オープンして1年も経たないのにペットショップのような臭いには閉口しました。
「こんなところでよく食べ物を提供できるな」というのが正直な感想でした。

見ると、小型犬のオス犬があちこちにマーキングしています。
ペットシートを足元に広げている飼い主もいました。

『わんこが勝手にペットシートの上で排泄するのがトイレのしつけ』というのが当時の飼い主の意識であり、今でもペット関連の書籍ですらマナーベルトとか・おむつを使うとか…結局はそのレベルです。

わんこのことをまるで虫けら・鳥とかサル・あるいはよく言って幼児のようにしか思っていなくて、人間のような排泄習慣が実践できる生き物とは考えていないようでした。

そんな空間がドッグカフェだったのです。

冗談じゃないよ。
と、私とKは2軒のドッグカフェを視察しただけで、もうやめました。

確認しておきましょう。
ドッグカフェというのは
・世の中には迷惑なわんこがいるけど、きちんと育てられたわんこもいる
・ちゃんとしたマナーをわきまえた飼い主さんもいる
・なのに、わんこ連れで過ごせるお店がなかった
・だからそんな人々とわんこが過ごせるお店があってもいい

そんな想いで最初は始まったのだと思います。

それが、ある時、
・こんなわんこでも入れるお店があればいいよね
・わんこなんだから仕方ないよね
との発想に展開され、そっち系の安易な飼い主さんの方が数的には多いわけですから、そんなお店ができてしまったというのが実情なのでしょう。

去勢もしてない成犬がドッグカフェにいて、マーキングしたり他犬に色目を使うだけでなく興奮を抑えきれなかったり…
ワンワン吠えているのに…ああ。

これじゃ、いつまでたってもわんことの共生は社会で受け入れない。

だけれど、それが意外と人気になって客を集められるコンテンツになる。

ドッグカフェだけじゃなくて一般のお店もわんこスペースや外のデッキをわんこ連れに開放した時代があったけど、最近ようやく変わり始めました。
そりゃそうだ。

あんなおかしなわんこや飼い主を受け入れたお店側は『こんなはずじゃなかった』と実感しているのでしょう。

ともあれドッグカフェナガサキを14年やってきました。
本当に、しつけされてない犬のようにやかましくて面倒臭いオーナーでしたが、お客様に恵まれ、世界に誇れるドッグカフェの貴重な時間と空間を得ることができました。
心より感謝申し上げます。

で、これからドッグカフェ開業を目指す皆様へ助言です。
お客様は神さまなんて、馬鹿げた社会に飲み込まれちゃいけませんよ!
「ドッグカフェなんだろ!」って言われても
「ルールと理念があります。あなたがお客様かどうかは、私が決めます!」くらいの気概を持って、わんこと社会が当たり前のようにある社会づくりに貢献して下さい。
怖いかもしれませんが、きっととっても素敵な仲間が支えてくれますよ。

2017年3月の日差しは結構暖かく、ガーデンは例年以上のスピードで雪解けが進んでいます。

ドッグカフェナガサキの日々をのんびりと楽しんでいます。
 

HP一時閉鎖となっていました 2017年03月02日(木)

  昨日今日の2日間、カフェのホームページが閲覧できない状況になっておりました。
月替わりにサーバーのトラブルでもあったのか、それともレンタルサーバーの料金を払い忘れていたのだろうか?と考えたりもしていました。

サーバーに問い合わせすると、ドメインのなりすましや乗っ取りなどセキュリティー上のトラブルを未然にするため、私に立証メールがカナダの上位会社から英文で送られていたのに返信がなかったため、怪しいサイトとして一時的にカフェのドメインが凍結されているということでした。

頻繁に英文の迷惑メールやウィルスメールが送られてくるので、ちら見しただけで削除することがあったが、その中に重要な質問書があったということらしい。
基本的にパソコンに対峙する時間帯は、私は酔っていることを相手はご存じないから、こうしたトラブルは今後も大いにありうる。

ともあれ、面倒な手続きと時間を費やしてさっき回復した次第でありまする。

『9月予定のカフェの閉店が早まって、HPも閉鎖か!?』と、早とちりされた方にはご心配をおかけいたしました。
まだ、私もKもアモもそれなりに元気ですので、きちんと営業させていただきます。

さて、今日ファーガス基金のカフェ募金分を入金してきました。
2月分は6,231円でした。
いつもたくさん募金してくださっているノエル/レオママには本当に感謝申し上げます。
 


- Web Diary ver 1.26 -