From the North Country

ネロくんです New! 2022年11月29日(火)

  ジリオ家のキャバリア/ネロくんです。

8月12日生まれ。黒茶白のトライカラー。

子供が通う塾と同じフロアにあるペットショップで買ったそうです。
塾が終わるまでの待ち時間に、それまで3回も抱っこしてたそうです。

餌は1日2回でいいと言われたそうです。

1.食育

1日に3回も4回も餌をあげなきゃならないとなると、日中留守の共働きの家庭は勿論、多くの人が飼うのをためらいますよね。

だから1日2回!
生後2か月でまだ乳歯のわんこのことはそっちのけで、ペットショップの論理がまかり通っているのです。

離乳して1ヶ月、まだ乳歯といえば保育園児です。
1日2食ってあり得ますか?

飢えていても生き伸ばさせているだけです。
だからウンチだって食べちゃいますよね。

ペットショップの優しいお姉さん・お兄さんはショップの方針を鵜呑みにせず、自分の頭で考えて行動して欲しいものです。

飼育するだけなら、今の時代、自動給餌器もあるし、せめて5か月になるまでシッターを頼むくらいの必要性を飼主にアドバイスするべきだと思います。

で、ネロ君はガリガリでした。
食器を前にすると、思考も感情も何もかも吹っ飛んで、給水ポンプのように吸い上げ、目を白黒させて喉に詰まったフードを吐き出し、2度目で腹に収めます。
命を維持するために命がけで食べていました。

本当は4食にしたかったのですが、3食と間食にして、ようやく10日ほどでほんの少し自覚をもって食べるようになっています。
身体はまだ、とても貧相で、2週を過ぎて成長がみられるようになっています。

飼い始めてから2日目から、外の散歩に連れ出しています。
2.社会化

最後のワクチンが完了するまで外に出したりしないようアドバイスする店員や獣医がいます。
彼らの言い分は『まだ免疫ができてないから、外に出して病気になったら可哀そう』というもので、生物学的には一理あります。

だけどその視点は明らかに私とは違っています。

私はイヌをウサギやカメといった生物と同じには見ていません。
人の子供と同じように、適切な時期から社会に出し、経験値を積み上げ、教育してこそイヌから犬へ・家犬から家族/相棒になることを知っていますし、種としてのイヌの生態を楽しむのではなく、『暮らし易い家庭犬』という範疇でわんこを育てています。

ですから、ワクチンが完了する時期(人でいえば小学生)まで、外に出さず病気から守るなんていうのはナンセンス以外の何物でもありません!

Kの孫たちなんざ一杯病気を貰いながらも、保育園や幼稚園で経験値を積み上げております。

ひとこと付け加えるなら、
うちのバカ犬、他犬や他人・時には家族に対しても吠えたり攻撃的になって!
と、お嘆きの飼主さん。
その原因のほとんどが、ショップや獣医のウサギとカメ系のアドバイスを真に受けて、ワクチンが終わるまで外に出さずにいたことにあると、私は思っています。

生後2ヶ月なら、抱っこして散歩し、「これがこれから君が生きていく社会だよ」って、積み重ね、おりこうで清潔なわんこ・おだやかで優しい人間、それぞれ50頭50人を目指して生後半年まで、頑張ってあちこち連れ出し、公園や決まったコースを歩くのは大人になってから、です。

もう酔いました。

そうそう、勿論最初に教えたのは「シーシー・ベンベン」です。
外でします。
何のために外に出たか既に分かってるので、シーシーって言わなくてもするのですが、何処に行ってもいつでもできるようにするためには、ちゃんと言葉で教えることが大切です。
ちなみに、ネロ君はこの20日間でシッコを3回失敗しました。
 

大往生! 2022年11月14日(月)

  訃報です。

Mダックスのキムチとマルコ、ラブラドールのふたばとペロスケ

順番どうりに亡くなっていたO家のわんこの黒ラブふたばが、昨日の朝、順番どうりに亡くなりました。

ちゃんと仕事が休みだったご主人にあわせるように逝ったふたばでした。
ほんと、わんこあるある、ですよね。

初めて一人になったペロスケが、何を感じ今後どんな振る舞いをするのでしょうね。

本当にたくさんの、一杯の、一つの時代を一緒に過ごし、思い出深いひと時を共に作り上げてくれた、『ふたば』を私もまたO家と共に哀悼いたします。

今日5回目のワクチンを接種し、酔い潰れそうになる前に書いたものです。
失礼があればお許しください。
 

おい!おい! 2022年11月12日(土)

  今夜はあとで爆弾報告!

1.冬支度を始めました。

先月にも報告の通り、この秋は、念願の鮭を釣ったし、初めての解体ショーもやりました!
我が家の流しには入りきれないサイズ。

証明はできません!
写真撮るの忘れたから!

でも、Kに聞いてくれれば嘘じゃないと分かります!

うまいこと処理したつもりでしたが、内臓の一部が破れたからか、寄生虫のアニサキスが一匹切り身についていました。
それ以外は最高!美味!
もちろん食べきれないから、御裾分けと冷凍保存です。

釣道具をクリーニングして仕舞い、ガロアラシ号の準備も整え、ススキ・ノリウツギ・ロシアンセージ・ガウラなんかのチョキチョキも手伝いました。

2.久しぶりに2日間、酒も飲めず、夕飯も食えないほどの二日酔いになりました。

その二日前、元の職場の先輩二人・後輩ひとりと1泊2日の集まりを行いまして、ご想像どうりに盛り上がり、意識不明の一夜を過ごしたのであります。

おまけに2日とも昼は、皆ほぼ経験のないパークゴルフで舞いあがって疲れ果てたものですから、その反動は凄まじいものでした。

まあ、おかげで数年ぶりの休肝と1.6キロの減量ができました。

3.早朝のKとの散歩は続いています。

夜明けが遅くなったものですから、5時半から6時前の出発です。
すると、最後の方でテンテン(サモエド×オーシー)と会うようになりました。

50メートルほど先で私たちに気付いたテンテンが喜んで走ってくるのですが、もう老犬だから走ってるようで走ってない?

その姿がとても可愛いのです!

Kがスマホで撮ってます!

ご希望の方はKにラインを!!

4.私は老後を穏やかに、好き勝手に過ごしておりました。

そこに、バーニーズのレオンとかくるみなんかが入ってきて、まあ、ちょっとした彩りを添えてくれていましたし、今でもナチュラルバランスのドッグフードを買い求めてくれるベルギーシェパードのクロエや苫小牧のフィオ/シータなんかにもほどほどの刺激を貰っていました。

その穏やかで緩やかでしっとりとした老後の生活が一昨日終わりました。
っていうか一時中断しました。

ドッグカフェナガサキの後を継いだイタリアンレストランのジリオを営むKの娘夫婦がキャバリア・キングチャールズ・スパニエルの仔犬を飼い始めたのです。

火曜から金曜までお店を営業し、小4と年長の孫!

『よろしくお願いします(汗)』と来た!

はて、Kと私のこれからは如何に!?
 

酔って候 2022年10月30日(日)

  今夜は酔っております。
薩摩の芋焼酎1リットルくらいは飲んだかも知れません。

日本シリーズ見届けました!
オリックスおめでとう!

契約更改でいい夢見ろよ!
これでいいべ!

だから来年は余韻に浸って大人しくしてろな。

礼儀というのが日本人の血にの中に流れてるべ。

ファイターズのボールパークが来年から開業するんだから、な!、分かってるべ!

とにかく来年を我が家は楽しみにしております。

さてと“ふたぺろ”でおなじみの黒白ラブの黒い方のふたばが寝たきりになったと連絡を頂いた。

我が家の愛犬アモの老犬介護で蓄積したノウハウを私がたくさん持っていることを知っているO家からラインがあった。

既に数年が経っているから、私の知識や記憶それに実践も頼りないものになっている。

それでもいいか!って今日訪ねてきた。

経験の記憶を手繰り寄せながら、排泄のさせ方、ストレッチ、マッサージをやってみた。

あの頃の介護が私の身体に蘇ってきた。
そしたら気持ちよさそうにおしっこをしてくれたし、溜まっていたうんちも出してくれました。

私はこの歳にして『老犬介護コンサルタント』の商売を思いつきました!
きっとこれからの時代、儲かると思います。

10年前に気づけば、ただの年金生活者にならなかったかも知れません。

やったぜ!今日だって焼酎たんまりゲットしたぜ!!

近いうち介護されるから、先に恩返しってか?

ま、そんな人生を送っています。
 

ほろ酔いの内に 2022年10月11日(火)

  ご無沙汰でした。
変わらず元気にしております。

1.ようやくナチュラルバランスのフードが入るようになりました。
ほんの数名のご注文ですが、食生活が愛犬の健康の基本だと知っている私ですから、お届けできることを素直に喜んでいます。

2.5月29日から毎朝5時前後に1時間ほど歩いています。
昨日初めて、悪天候で休みました。

2か月ほど前からKも一緒です。
足手まといになるかと思っていたら、
ほぼ同じスピードで歩いている自分の衰えを実感しました。

朝日新聞の連載小説だった『白鶴亮翅』で得た知識を応用しながら、毎朝歩いているとKに話していたら、Kは太極拳をネットで調べ、今では週に2回教室に通っております。

その姿たるや、・・太極拳のそれ、です。

3.鮭、釣っちゃいました!
道具や知識も技術も、老後の楽しみとしてゆっくり身に着けようと思っていましたが、先週釣っちゃいました。
もっと釣れそうだったけど、一本だけ持ってすぐに帰宅しました。

捌くの初めてだから、2時間くらいかかりました!

この歳になって初めてだから、楽しかった!
疲れた!
怖い寄生虫のアニサキスも発見しました。

美味しかったです。

その喜びを次男にラインしたら、マグロを釣り上げた写真が送られてきました。

釣りの楽しさを教えた子が、今や親を超えてる姿をみている。
あの時の自分に伝えてあげたいですね!

未だ書くことがあるので近いうちに。
 

酔うとこうなる 2022年09月01日(木)

  万年だー!豊作だー!!

干ばつだった去年と違い、この夏は農業には適した気候で、実りの秋を迎えています。

7月にはニンニクもたくさん収穫できたし、インゲン・人参・カブも美味しかった!

ミニと中玉のトマトの味も最高!
茄子もピーマンも続々!

なんたって、枝豆美味し!
おまけに食べきれない!

冷凍庫ももうすぐ満杯なのに、まだ鍋一杯はあろうかと思われる枝豆が実っております。

トマトやナスやピーマンなんか買った方が安いでしょうけど、なんか違うんだなあ。

ニンニク・枝豆は、買うと高いから、ダントツのお得感がある。

でも作る側からすれば、みんな一緒でとにかく美味い!
ただそれだけで、作りつづけております。

さてと、どういう伝手(つて)か、いろいろですけど、相変わらずわんこ育ての相談も続いています。

可能な限りお付き合いさせていただいてますが、わんこ育ての根源の部分、蛇口の部分、そこがおかしいから問題が起きてることは私の中でははっきりしています。

これからわんこと暮らそうと考えてる皆さん、現在のペットショップや獣医師の指示を真に受けてはなりませんよ。

曰く、『ワクチンの接種が完了するまで外に出してはならぬ』と、平気で言う獣医は見捨てなさい。

その理由は・・・どれほどこの欄に書いてきたことだろう。過去ログでご確認を。

家庭菜園の野菜も、わんこ達も、そして人間すらも、育てられたように育つのが普通という時代を続け、たまに疑問を抱く異端児とか社会の変動によってとかでスタイルが変わっていくんでしょうから、いずれ私の主張も・・・

今夜はとりわけ酒が回っておりまする。
 

人生2度目。見ちゃいました。 2022年08月21日(日)

  今夜は、単に記録の為だけに書きます。

2022年8月21日、夜8時前。

私は石狩湾新港にいました。

17時頃に到着し、今年初めて『シャコ(ガサエビ)でも釣れてねェかな』とやってきたのです。

カレイとハゼしか釣れない時間が過ぎた20時前、満天の星が輝く空を見上げると、何度も目をこすって確認したうえで、UFOとしか思えない光景を目にしました。

西にある北斗七星から南方向のカシオペア座を背景にしながら、まるで銀河鉄道のように規則正しく細かく輝く光の帯を目にしたのです。

おー!!って声を上げたものの、暗闇の岸壁には私しかいません。

スマホを取り出し、撮影を始めたけど黒い画面しか映らない。

目に焼き付けようとじっと見ていると、右側つまり東側に行くにつれ光が消えていく。

雲に隠れたのかと目を凝らすと、満天の星でどこにも雲はなかった。

本当に銀河鉄道のように帯の車列で、窓の細かい灯かりがたくさんありました。

そして消えてしまいました。

白鳥が渡るとかでなく、神秘的な時間でした。

もしかしたら、“ある”というのも、”ある”のかもしれないですね
 

ウォーキング 2022年08月13日(土)

  5月29日から数えて今日で77日。
丁度11週になりました。

信じてもらえないでしょうが、その日から私は毎朝4時から5時の間に起きて、1時間ほどのウォーキングをしております。

1日も欠かさずです。
旅に出た時は、旅先で歩いていました。

不思議じゃありませんか?
いや、私が続けられたことじゃなくて、この77日間、一度も歩けない天気の日がなかったのですよ。

前夜から大雨でも、その日が雨でも、この時間帯には霧雨は別にして一度も雨には降られなかったのです。

ラッキーでした。恵まれてました。

殆どが今にも降りそうな日々だったように思います。
だから6月から7月は助かりました。何故?

毎朝、傘を持ち歩けるからです。晴れてるのに傘は変でしょ。
でもこの時期、カラスのヒナが育ち、巣立ちまで親鳥がとっても神経質で攻撃的になります。

だからカラスがガーガーガーガーと鳴き始めたら、頭を襲われないように傘はとても役に立つのです。

77日の間に草花の変化を楽しむことができましたし、動物との出会いもありました。

大雨の翌朝、歩道のすぐ横の草むらからグゥワー!!と、目の前に飛び出した奴には度肝を抜かれました。

アオサギの幼鳥でした。
親鳥とはぐれて、草むらに隠れていたのでしょうが、ずぶ濡れで「なんかちょうだい!!」って飛び出したようです。
アオサギの好物など持っているはずもなく、ごめんねといいながら過ぎました。

翌朝、まさかな、と思いつつゆっくり通ると、今度は声も出さずに現れたではありませんか!
特に弱った様子もなく、このところの雨でカタツムリもたくさんいたので食べてくれたらいいな、と思いつつ先に進むと、今度はまさかのエゾシカにも出会いました。我が家のそばの雑木林にまで進出か!

帰宅し、朝5時頃から庭いじりをしているKに話すと、当然『見たい!』というから車で連れて行きました。

エゾシカはもういなかったけど、アオサギの幼鳥は警戒することなくじっとしていました。

今週初めからKも行くって、二人で歩いています。
そしたら今週だけで2回、エゾリスが私たちの前に現れてくれています。

3日目にアオサギはいなくなっていました。

因みに77日間、朝だけで7000歩歩いても、私のお腹は引っ込みませんし、体重も変わりません。

立派な椎間板ヘルニアの持ち主ですから、時にゥギャと声を出すこともあります。
でも、“前のめりにでもなく、反り返るのでもなく、尾てい骨を骨盤の中央にすっぽりおさめるように吊るす感じ”という、太極拳の教えを意識していると楽になってきます。

何よりシャワーが気持ちいいし、また明日もって体が言ってるようです。

早くから目が覚めるんだよなぁ、とお嘆きのご同輩。
お試しあれ。
 

追伸 2022年07月28日(木)

  先日この欄に書いたことでゴールデン/金時の訃報を知り、同じくカフェの常連だったビションフリーゼのポンちゃんを今月亡くされたMさんからメールがありました。

金時の死を驚きと共に知り、16歳と2ヶ月で逝った愛犬ポンちゃんのロスと心重なってのメールでした。

金時の飼い主でもないのに弔問を受けたみたいで、育ての親として横浜のNさんに代わり感謝申し上げます。

シャンプーとトリミングを終え、真っ白で真ん丸になったポンちゃんが登場するたび「おー!!」って、感嘆の声がカフェではいつも上がっていましたね。

思い出は尽きないものですね。
いつか同窓会でもできたらいいな。
 

夏休み 2022年07月27日(水)

  1.今月は10日に4回目のワクチンを打ち、kの体調に変化がないのを確認して、その日のうちにオホーツクと稚内など道北の旅に出ました。

1620キロの旅でしたが、暑い時期の車中泊を想像し、充電式の小型扇風機を準備したのは正解でした。

幸いにも暑い日は一晩だけでしたが、大活躍してくれました。

旅の途中で、横浜に行ったゴールデン/金時の訃報を知りました。
山中の小さな駐車スペースに車を止め、森に響くようにエアロフォンで追悼曲を吹き、さっぱりと死んだことを忘れました。
そうすればいつまでも生きています。人でもわんこでもそのようにする習慣が私の身についています。

2.お泊りのラブラドール/リコ君が帰ったので、20日から十勝・知床の旅に出ました。1750キロ走りました。

@長袖を持って行ったのが大正解。エンジンかけて暖房入れてる車もあったほどです。

A釧路ではI家のゴールデン/マルクJrのお宅を突然訪ねました。
皆さん元気に過ごしておられました。

B知床で母子熊に遭遇しました。
50メートル先の道路の端の方に黒い生き物を発見!

オホーツクの旅の時も、森の民家のところで黒い動物を発見して緊張しましたが、その時はニューファンでした。

でも今回は正真正銘ヒグマでした。何とか撮影もできて10分ほど見ることができ感動です。

3.今回の旅で、スマホスタンプラリー270ヶ所制覇!
残り30ヶ所は12月からでないと取得できません。

函館・えりも・知床・稚内と最後の1周ですが、もちろんスタンプラリーとは関係なく、秋になったらあちこち出かけるでしょう。

それまでは、畑仕事と釣りに励みます。
 


- Web Diary ver 1.26 -