From the North Country

2017新年 2017年01月03日(火)

  2017年/平成29年
皆様、明けましておめでとうございます。

思い起こせば私事で恐縮すが、去年は年始早々、肺炎で2週間の病院送りとなり、退院したら数日で憩室炎になって5日間階違いの病室に逆戻りしました。

実は今年も昨年末の26日に、のどが焼けるような痛みでクリニックに行くと「これは相当ひどい咽頭炎ですね。こんなひどいのは園児みたいな子供からの感染が多いのですが心当たりは?」と先生。

その数日前にKの孫からチューされて、心底ご満悦だった私でしたが…
あの瞬間に感染したのか!

んなわけで、お薬飲んで楽にはなったのに、薬が切れた翌30日から年が明けた今日3日まで、またまた不明ののどの痛みと寒気に見舞われております。

年を取って免疫力が落ちるというのは、こういうことなんですね。
心されたしご同輩。
もし生きていたら、今年の年末は十分に気を付けよう!

それでもなんでも我が家には4月で16歳になる愛犬アモがおります。
私の体調がどうこうより、この32キロのわんこが寝たきりにならないよう千歳の森に通い続けた年末年始でした。

体調に合わせて歩く距離を選びたかったのですが、雪で道が限られ、ショートカットができずに踏み固められたフルコースを歩く日々でした。
昨日今日と連続で雪道を3キロ以上歩いたアモとK・私。
よれよれですが明日からカフェの営業、頑張ります!!

なんてたって、明日頑張れば明後日から連休の定休日でまた千歳の森に行けますから。

そうそうファーガス基金のご報告です。
12月のカフェ募金は10,618円でした。
お振込みがドラマーのユキちゃんから3,000円ありました。遠く和歌山からいつもありがとうね。
これまでに寄せられた浄財はこれで119万1787円となり、目標額の150万円まで残り30万8213円です。
近いようで遠い!!

さて、本年が皆様にとって良い年でありますように心よりお祈り申し上げ、あわせて本年もドッグカフェナガサキをお引き立てくださいますようお願い申し上げます。
 

14年目のカフェの想い 2016年12月22日(木)

  盲導犬の訓練経験が長かったので、犬に様々なことを教える技術を私は持っていました。

カフェを始めて、そんな知識と技を家庭犬にも生かせるのではないかと、これまでお客様のわんこのレッスン行ってきました。

で、数年前にはっきりと気づきました。(バカですね、気づくのが遅すぎ!)
盲導犬の訓練と家庭犬のレッスンにほとんど関連性がないことに。

盲導犬の訓練は、犬の適性を見極めたうえで、それに合致したわんこに盲導犬としての様々な作業を教え、視覚に障害のあるユーザーに歩行と心の支援を届けることでした。

ところが、カフェでの依頼はわんこに何かを教えるのではなくて、分かりやすく言えば『まっとうなわんこになれ!』という、例えば問題行動の矯正、つまりは育て直しであったりしつけ直しだったりと、訓練以前の事柄ばかりでした。

考えてみれば、普通の飼い主のわんこに訓練なんて全く必要ないですよね。
つまり飼い主の生活の役に立つような、例えば薪を運ぶとか、寝坊した子供を起こすとか、落し物があれば拾ってくれるなんて、わんこと暮らす中で期待しないでしょ。(わんこがそんなことを自然にやってくれることもあります。あなたの想いが伝わっている。至極の感動ですね!)

一般に犬の訓練と言われていることは、人の役に立つ作業をすることではなく、困った振る舞いの矯正が一番の目的であり、そのうえせいぜい、無作法ではないように見せかけるための、おすわり・ふせレベルのことが完璧にできれば依頼者は大喜びすることでしょう。

これは訓練という範疇ではなく、まさに『わんこ育て』の分野であるのです。
(ブリーディングという言葉を知っている方にとっては、さらに『繁殖が基本』でもあるのですが…)

そこで私はいわゆる家庭犬の訓練をやめております。意味がないからです。

さらに、問題行動を起こしている成犬のレッスンも多くの場合お断りしております。莫大なエネルギーを要して高齢の私には負担だからです。

その代わりというわけじゃないけど、仔犬育ての支援を最近では積極的に行っています。

仔犬って最初の一年で大人になってしまうでしょ。
そのわずかな期間だけちゃんと頑張って育てれば、思い描いていたわんこライフに近づけるんだから、わんこを飼う人は心すべしだと思います。

いずれにせよ、わんこを育てるには、まず人ですね。
今夜は『暮らしやすい家庭犬』というコンセプトを共有する方に対してのメッセージでした。
 

豪雪だからこそ振り返る日々がある 2016年12月12日(月)

  いやぁー降りました。
12月は例年、ようやくホワイトクリスマスになるような時期に雪が降るのですが、今年は10日に65センチ、11日に20センチ、そして12日の今朝までに15センチは降りました。

驚くほどの大雪でした。
でも、あと2つ驚くことがあります。
まず、私の身体が悲鳴をあげながらもダウンすることがなかったということ。
私の身体のメンテナンスをしていたSさんが7年前にあの世に行ってから、そりゃいろいろ気を付けています。

あの頃は毎年のようにぎっくり腰で動けなくなっていたけど、サポーターやコルセットをこまめに着用し、サプリと筋トレを取り入れて何とか無事に7年を過ごしているのだから大したもんです。

ふたつめは14年目に入っても、一度もバッテリーを交換せずとも快調に、しかも豪快に雪を吹き飛ばしてくれる除雪機“ガロアラシ号”の働きだ。
カフェをオープンしたその冬に、飲み仲間だったガロ社長が横流ししてくれたホンダの除雪機だ。
その1週間後ガロ社長は事故で死んだ。
彼の魂が乗り移ってくれている除雪機だと私は信じている。
だから、あの頃のように威勢のいい親父の働きをする除雪機なのだ。
くたばってたまるか!!と、今でも威勢が良い。

そんなガロアラシ号を駆って大雪を吹き飛ばすのは、私にとって疲れ以上の思い出との出会いだ。
雪が重くなるとエンジンの音がそれを伝え、もう少し速度を落とせと教えてくれる。

いつもの居酒屋で会話していた当時そのままだ。

3日間の厳しすぎた除雪をようやく終えて、やっとガロアラシ号の様子を見た。
スパナで刺激すると、2年酷使し疲労骨折したネジがポトリと落ちた。
よう頑張った!
作業中に折れなかったのがエライ!

周りを見渡すと、15歳7か月のアモ、その飼い主で保護者の私とK。
身体を動かすとミシミシ音を立てているけど、頑張ってます。

私にしてみれば、アモのケア・ガロアラシのケア・私とKのケアは一体のようです。

で、我が家の愛犬アモ。
3月から後肢に靴を履いて散歩してました。
引きずった後肢が、アスファルトで擦れて出血するからでしたが、雪道になってその危険がなくなり素足で歩けるようになりました。

9カ月靴を履いていたから、無意識の意識が後肢に行き、引きずる(ナックリング)と、後肢がクロスするというありがちな老化を改善することができました。

15歳7か月を過ぎて、4キロでも歩けます。
これでポックリ逝ったら最高なんですけど、なにかとしがみついております。

身体はあちこちミシミシしている私たちですが、互いに影響しあいながら日々暮らしております。
 

今日2016年12月7日の記録 2016年12月07日(水)

  雪降りました。
昨日はホワイトアウトで前が見えなくなる時間帯がありました。
カフェの道路と車庫前は強風で雪が吹き飛ばされて除雪も楽でしたが、ガーデンと駐車場はたっぷり積もりました。
5℃ほどで多少気温が高かったからちょっと心配でしたが、今日は朝からマイナス5℃で夕方には10℃近くまで下がって凍えました。
だからこれからはわんこ達が汚れることなくたっぷりと遊べると思います。

いよいよカフェの冬バージョンが始まります。

ところで、今月の1日がカフェの13周年だったってことみんな忘れてました。
先日、今月誕生日の会員のわんこを調べていたら『あへっ!!カフェの開店記念日じゃん!』って私が気づきました。
誰も覚えていなかったなんて、如何にも我がカフェらしいです。
いつの間にかオープンしたから、そのうちいつの間にか廃業できたらいいですね。

ともあれカフェは14年目に入りましたので、来年のしばらくはやっていることでしょう。

今日の最後に書いておきます。
秋田犬のももちゃん
いろんな思い出をありがとう。
君はS家の救世主だったね。
僕たちはみていました。
君の凄い働きを。
骨肉種だったお嬢ちゃんが立派に成長するのに君がどれだけの役割を果たしたことか。
いろいろあった家族をどんなに結び付けてくれていたか。
長い付き合いだったからね。

月に一回の『リフレッシュ休暇』ということで、カフェにお泊りしていましたね。

だから僕はいけないことだけど、誰もいない公園で君をノーリードで走らせました。
君は『このままどこにでも駆けて行ける』と迷っていたけど、僕が「もも、おいで」って言ったらいつも照れくさそうに戻ってきてくれたね。

楽しかったよ。
犬ってやっぱり信じられるんだって、君もそう思わせてくれた仲間だよ。
本当にありがとう。

またどこかで会おうね。
いつでも絶対に会いに来てよ。
 

根雪までガーデンで遊べません 2016年12月02日(金)

  もう12月ですね。この冬は早い雪でどうなるのかと思っていたら、カフェのガーデンは昨日の暖気でぐちゃぐちゃ。
今朝起きたらまた積雪。そして明日からの暖気で再び…

定休日の今日、千歳の森にアモと出かけたら、恵庭の辺りから雪は全くなく、千歳に着くと晴れ間はあるは道は乾いてるところもあるはで、とっても歩きやすく楽しい散策ができました。
近くなのに気候が違うといろいろ役に立ちますね。

さて
1.明日から盲導犬チャリティーカレンダーの予約引渡しを行います。
今年は10数部まだ残っていますので、ご予約されていない方も是非ご協力お願いいたします。

2.ファーガス基金11月分は6,950円と匿名希望のYさんからの1万円を合わせ1万6959円でした。
これまでに寄せられた浄財はこれで117万8169円となり、目標額の150万円まで32万1831円です。
一気の達成を目指して私も年末ジャンボ買いました。
これからもご協力お願いいたします。

3.仔犬育ての相談がちょこちょこ入っています。今の季節だと小型犬の場合寒いからと外に出さないで育ててしまう方がいます。
春になったらもう成犬になって大切な時期に社会化できずに問題犬になる例を山ほど見てきています。

仔犬育ては生後2か月からが勝負。せめて10カ月までの8カ月間は全力で向き合って育ててください。

成犬の訓練やしつけ直しには相当なエネルギーがいるので、このところお断りするケースが増えているけど、仔犬育てのお手伝いはやっております。

I家では天国の茶々丸さんに見守られながら、白黒茶のチワワ悟空が育っています。可愛いですよ。
短い時間でもカフェに来て、いろんな経験を積んでいます。
 

わんこと暮らす日常 2016年11月18日(金)

  今日は我が家の愛犬アモの15歳と7か月目の小誕生日。
夕食にはお約束のステーキがトッピングされる。
残り少ない日々だから少しでも…と始めたけれど、ずいぶん月日が経った気がする。

昨日も千歳の公園を散策。
靴を履いてからの出始めはいつものように駆けて私たちを驚かせ笑わせてくれる。
休憩する広場ではおやつに期待を寄せるアモの向こうをエゾリスが忙しいそうに冬支度で駆け回っていた。

水分と栄養を補給したらアモはまた歩き出し、2〜3キロは平気だ。2か月前より足の運びが良くなり楽になっているようだ。

もうこうなったら、年を越せるし、16歳になるまでのアモを想像し受け入れようかと思っている。

問題は雪が積もってから、アモが歩けるコースをいくつ確保できるかということ。
とにかくこの年になれば回遊魚のように動き続けなければ2週間で寝たきりになってしまう。

ただ、お出かけし歩き続けたいのは私ではなくアモの強い意志であるということは、はっきりしておかなくてはならない。
わんこたちよりも全能の存在である私は、道筋を用意し、車で移動を手伝い、彼の欲求を満たしつつピンコロ犬・人生の道を歩む責務があり、それがお互い楽しいだけのこと。

少し早い今年の冬だけど、楽しみを見つけて脳にも刺激を与え、動けてボケない半年を目指そう!

さてと、カフェにはわんこのしつけや訓練依頼の問い合わせがそれなりにあります。
でも、このところ仔犬育てのお手伝いとお散歩チェックでのアドバイス程度が私の体力に合っていると感じている。

例えば『咬む犬の矯正』に代表されるような“とてつもなくエネルギーを要求される相談”はお断りする方向を向いています。
別の言い方をすれば、“そんなわんこにならない育て方”のアドバイスを積極的にやっております。

さらに別の厳しい言い方をすれば、そんなことすら考えもせず、いい加減に育てたしっぺ返しを受けた飼い主の尻拭いは真っ平だと思っています。

・もう二度と犬は飼わない
・次はちゃんと育てたい

前者に対しては、そうだ二度と飼うな!と言いたいし
後者の方には全力で応援させていただきます。

小誕生日の今日、アモはいつもと違うドライブと初めての農道を歩き回りました。
サラブレッドがたくさん遠くに見えてました。

いいわんこといい人生をいつも送っております。
 

人生は変化の連続 2016年11月08日(火)

  ファイターズの陽 岱鋼がフリーエージェント制度を活用し他球団へ移籍することになった。
ファンとしては残念だし『なんでぇ?』と、いぶかる声もあるだろう。

でもね、ファイターズが北海道にやってきてその運営方針を身近に見ていると、この移籍容認は当然なんですね。

甲子園、という高校野球の聖地があります。
そこでの大会に出場し、てっぺんを目指すのが球児たちの夢であり目標です。
ファイターズもプロ球団として当然毎年プロのてっぺんを目指しているはずです。

高校野球に話を戻してみましょう。
甲子園に出場するチームには強豪と言われ、毎回のように優勝争いをする学校があります。
でも、どんなに優秀な選手がいる学校も3年生は卒業し、新たな1年生が入学する。
そんな中でも毎年甲子園に出場できるチームを育てているんですね。

優秀な選手を保有することで黄金期と言われる数年を確立することは可能でしょう。
実際、お金のあるチームは実力ある個人を集めてチーム作りをしています。
だけど、野球というのは“個人の力”だけで勝てるスポーツではないのですね。

ファイターズは日本人が普通に選びたがる“実力者の寄せ集め”という考えを選択せず、まるで高校野球の名門校が『勝てるチームを育て続ける』という進路を選んだのだと思います。

ファイターズで頑張りたい選手を優遇し、外に目を向ける選手には追うことなく進路を開き、新たに迎え入れた選手にはきちんと育てる期間とその後のチャンスを与える。

このシステムを理解すると、新庄・ひちょり・ダルビッシュや糸井が出て行ったのが分かるし、大谷君には早くメジャーに行ってほしいと思えるようになる。

♫めぐるめぐるよ時代はめぐる
別れと出会いを繰り返し♫

年を取るのが人よりも早いわんこ達と接していると通じますね。
カフェは勝ち負けとは全く関係のない空間ですが、出会いと別れが繰り返されることで、日々いろんなことを考えさせられます。

陽 岱鋼 君の人生の中に『北海道』があったこと、11年だったけど、いつまでも覚えているはずだよね。
 

寒い11月に入りました。 2016年11月04日(金)

  1.2012年の5月にNさんのところに介助犬ファーガスがやってきて、もう4年半になります。
そしてファーガスの一生を経済的に確保するために基金を立ち上げたのはその年の9月20日でした。

介助犬がいれば普通の生活が送れるNさんだけど、その負担をすべてNさんが負うのはフェアじゃないと私たちは考えたから、せめて経済的な面をカバーしようと始めた基金です。

10月のカフェ募金は6,098円(内お札は2,000円)あり、
ファーガス基金の郵便口座に2件の振り込みあがありました。
天国の茶々丸さんから2,000円
ハシモト様から2,000円
でした。
それと利息がなんと3円!

これで開設以来ファーガス基金に寄せられた浄財は116万1219円となり、目標額の150万円まであと33万8781円となりました。
今年こそは誰かが年末ジャンボに当たって『一気に達成!!』となることを願っております。

2.北海道盲導犬協会を支援するチャリティーカレンダーの予約販売を今年も始めています。
よろしくお願いいたします。

3.ちょっと先の話ですが今年の営業は12月28日(水)までで、来年は1月4日(水)に一日だけ営業し、木金の5・6は定休日だから休んで…という予定です。

4.その前の12月10日(土)は、学芸会につき10時から昼頃まではメニューに限定がありますので、11時過ぎ頃からお越しください。

急に寒くなりました。
身体が寒さに慣れるまでは、大袈裟くらいの真冬の完全防寒をためらわないように。
慣れてきたら徐々に気温に合ったファッショナブルな服装ということで。
わんこと長めの散歩に出かけるとポカポカしますよ。
少し早足につき合ってあげましょう。
皆様ご自愛ください。
 

2016年10月 2016年10月30日(日)

  やりましたね、我らがファイターズ、日本一!!
おめでとう!ありがとう!

真っ赤に染まった広島での2連敗で、どうなるのやらと案じていたのに、ファイターズの選手たちは4連勝で見事に応えてくれました。

カフェでもこの10年、10月のパスタを『ファイターズ応援パスタ』にした甲斐がありました。
今日は私も格別の思いでお昼にいただきました。うまし!

しばらくはゆっくり休んで来季への英気を養ってください。
13年で5度のリーグ優勝ですから、来季も期待するのは強欲かと思いますが、若い選手が多いので負ける理由がないから控えめに期待しておきましょう。

さてと、
1.Kはスマホがバージョンアップされた後から、パソコンに写真を取り込めなくなったらしく、更新ができないと申しております。

2.アモは今月15歳と半年になりましたが、数か月前と変わらず、靴を履けば爪の出血もなく2〜3キロは楽しく歩けております。
先日は千歳の森でエゾシカと出くわし、10メートルダッシュしておりました。

3.10月は私に憩室炎が起きる確率の高い時期でしたが、今年は今のところ無事です。
そういえばタバコを吸わなくなって13カ月経っています。
吸わなくなってから却っていろんな病気になりましたが、そろそろ身体がニコチンタールのない状態に慣れてきたのかもしれません。
タバコについては死火山ではなくあくまでも休火山だと思っています。
 

却下!? 2016年10月16日(日)

  今日カフェに来られたお客様にはお話したのですが、私は31年前のちょうど今日、まさに今日と全く同じ経験をしておりました。

何の話でしょうか?

さかのぼること31年と2日前、つまり昭和60年10月14日、我らが阪神タイガースはセリーグ優勝に王手をかけるマジック1となりました。
なぜ、覚えているかというとその日、私の3人目の子供で次男のJ君が生まれた日だったからです。

つまり彼はマジック1の日に生まれ、タイガースは2日後の今日10月16日にセリーグを制覇したのです。
あの夜、私は狂ったように飲み、叫んでおりました。
そして『息子の名前は絶対、猛虎(たけとら)にするぅ!』とわめいていたようです。
翌朝にはその名前は却下され、酔いが覚めた私は冷静になり(され)、名前はJ君となった次第です。

毎年14日の誕生日に、息子のJ君におめでとうメールをするのですが、今年は今朝16日にメールをしました。
31年前のことを伝えて、もし今日ファイターズが優勝すれば『あの日と同じだ』と付け加えました。

息子からは「あの年タイガースが優勝したのは知ってたけど、へー、そんな感じだったんだ」と返信がありました。

ところが、今日の試合。
1回ソフトバンクに一気に4点を取られてしまいました。
意気消沈でした。
先にあんなこと言わなければと後悔しておりました。

そうだよな、そんなにうまく話は進まないよな…

したっけ、結果どうなった!
やったべ!!我らがファイターズ!!
大逆転の7対4だべさ!!

翔が打ち、最後は誰も予想しなかった大谷が抑えのマウンドに立つ監督の演出に応え、記録破りの165キロの速球。
感動しました。
あの日が再現されました。

おめでとう!ありがとう!

今日は2016年10月16日。
平成28年10月16日。
また長く記憶に留め置きます。

だって今朝がた、愛妻Kに4人目の孫が生まれたんです。
しかも男の子。
酔い潰れそうだからいうけど、名前は絶対『ハム太郎』だべさ!
 


- Web Diary ver 1.26 -