From the North Country

トチノキとアモの気 2016年05月18日(水)

  街路樹がプラタナスだったりイチョウだったり桜というのはありですよね。
でもそれがトチノキとなると『ちょっと、なんとかならいの!』と、この季節になると不満に思っていたが、どうやらそれは私だけじゃないことが昨日カフェでわかった。

カフェ周辺のメイン道路の街路樹にはなぜかトチノキが何キロにわたって植えられていて、この時期、その樹木のガクみたいなネバネバ葉が地面に落ちていて、わんこの足や私たちの靴の底にねばりつく。
それはそれは大迷惑で、ちょっと歩くだけで足裏にたくさんへばりつくのだ。

小さなわんこ達は、まるでゴキブリホイホイにやられたみたいに歩けなくなることもあるらしい。

我が家の愛犬アモはそんなこと全く気にもせず、べたべた貼り付けたまま歩いているからたくましい。

そうそう、アモと言えば先日Kが「これからは毎月18日にステーキトッピングしてあげようかな」という。
15歳を過ぎたので月命日ならぬ月誕生日というアイデアだった。
そして今日18日、7切れのカットステーキを焼いてくれたので朝ごはんに3切れをトッピングした。

「美味しそうなんだけど不満顔なんだよね」とK。
『たったこれだけかい?』とアモは不満だったようだ。
夕方に残りの4切れを入れるけど、来月からは朝夕どちらかにまとめてトッピングすることになった。

今夕の散歩の後、足裏についたトチノキを剥がしたら私は焼酎、アモは4切れのツマミのついた夕食をとる。
アモはどんな顔をするだろうか?

老犬生活はお互い楽しまなくちゃね。
 

犬育て、常識のウソ。 2016年05月12日(木)

  これまで私はこの欄で何度もわんこ育てについて書いてきた。
同時に、多くの飼い主の方がわんこ育ての本を読んで「どれも試してみたが、うまくいかないし、なによりやり方がそれぞれ全然違うことに不信感と戸惑いを感じる」という声に共感する。

私は過去に100頭以上の盲導犬候補犬を訓練した訓練士だった。
その後、ドッグカフェを経営し家庭犬を診るようになった。
一般的には犬の専門家が家庭犬を診るようになったと受け止められるだろうが、盲導犬と家庭犬では全く専門外と言えるほどの違いがあることを私は実感した。

本当に魚屋が肉屋をやるといえるほどの専門外の違和感を感じながら、それでも勉強し、わんこ育てに熱心な方々に私なりの専門知識が生かせるよう研鑽と経験を十数年積み重ねてきた。

そのうえで今思う。
この国のわんこと人の関わりは『違っておりますよ』と。

・テレビでは芸能人がわんこに口をべろべろなめさせながら可愛がる表現をする
・ペットショップで餌は一日に二回
・トイレのしつけはできている?
・散歩は不要?
・ワクチンが終わるまで外には出さない?
・叱らないしつけの数々
・犬は調教の対象?
・そのほか一杯一杯の事柄
・それでいて家族の一員?
・わんこの医療
・わんこの食事
・葬儀なんかも?
・疑似ペットロス

なんかね、「わんこを可愛がってますよ」というのが社会で優しい言葉になってるけど、「冗談じゃないぜ。ちゃんとしてこその話だろ」というのが、私の考えであります。

そんなことについて、今後何度かに分けて書いていけたらと思っております。
 

もっと知ってほしい、わんことの暮らし 2016年05月05日(木)

  まずは4月分のファーガス基金のご報告をさせていただきます。

カフェ募金はちょっと少なめで2,708円でした。
板○様より2,000円のお振込みがありました。
'12年9月20日開設以来、これまでにファーガス基金に寄せられた募金は108万3404円となり、目標額の150万円まで41万6596円です。
今後とも皆様のご協力をお願いいたします。
振込先
※ゆうちょ銀行(郵便局・郵便口座)からは
記号;19050 番号;33999621
※他金融機関からは
【店名】九〇八(読み キュウゼロハチ)
【店番】908
【種目】普通預金
【口座番号】3399962
ですのでよろしくお願いします。

さてと、子供の日だけど定休日だからカフェがお休みの今日は、イコロ動物病院でアモにオゾン注入の後、千歳の公園をのんびり散歩し、支笏湖線の遊歩道も散策してきた。
その解放感はアモのためであり実は私のためでもある。

1週間のカフェ営業の中で起こる私の頭の混乱。
それを和らげるのが定休日のアモとの散策なのだ。

私を混乱させる最悪のお客様とわんこの例は、どこかの雑誌に書かれていることを精一杯実践し、そして案の定全く効果がないのに、『私は世間で推奨されていることを忠実に愛情をもって実践しています』というスタンスのカップルだ。

つまり、ワンワン吠えたり周囲に迷惑な振る舞いをしている自分のわんこに対し「ダメよ!ダメでしょ!」といさめ、一時的に黙ったわんこに「あらー!なんていい子なの!」と嬌声に近い声を上げ、おやつを与える飼い主さん。
結局カフェで1時間経とうが同じことを繰り返しているバカさ加減に、無駄で無力で役立たずであることを犬をしつける前に飼い主さんに学んで欲しい。

そんなくだらんことの決着はさっさとつけて、わんことの素晴らしい生活を心から楽しんでもらいたいのに、そのスタートラインにすら立てない飼い主が何と多いことか。
そしてその原因であるのが(商業)メディアの無知であるから根が深い。

定休日はアモとのんびり過ごし、そんな不満とストレスから解放される時間。
一方で、間違い探しができる時間でもある。
 

お互い様の日々 2016年04月22日(金)

  今週月曜日に15歳の誕生日を迎えた我が家の愛犬アモ。
和牛カットステーキを3日間トッピングしました。
12歳を過ぎて体力が落ちてから、いつ逝ってもいいようにとやってるのですが、そのようなことがもう3年も続きました。
おいおい!!という言葉をかけてやりたいです。

今年の誕生日はサプライズを期待して、食器の底に3枚、中間にも3枚、フードのてっぺんにも3枚乗せて様子を見ていました。

年を取るとうれしくても感動を全身で表現しなくなるのですね。
私もそうです。『うむ、うまい』みたいなのが精一杯です。
まあ、酒が入ると「うへー!うまい!」というのはできます。
今年の1月に肺炎で入院していた私は、外出許可を得て二条市場に出かけ、大きな大きな生ガキを焼いてもらって、ワンカップで6個喰いました。
そんときゃ「うへー!うまい!」でした。

きっとアモがアルコール好きなわんこだったら、今年の誕生日の食事の感想はもっと違ったものになったと思われます。

でも、来年は無いでしょうから、飼い主としてはこれでよかったのだと思っています。

先週も今週も定休日は5キロ以上千歳と長沼の林の中を歩き続けています。
今夜の食事にはアリナミンをトッピングしました。

アモの中にはどんなエネルギー源があるのか本当に不思議です。
信じられないけど、ひょっとしたら今年も洞爺湖に行ける可能性が出てきたのか?と、複雑だけど期待するようにもなっています。

まあ、アモが動けて本人にその気があるうちは、飼い主として共に過ごすことに異論があろうはずはない。

年単位から月単位、今は週単位でアモを見守っている。
それにしても森の中をわんこと歩くのは本当に楽しい。
60を過ぎた私の健康を気遣ってアモも頑張っているのだろう。
 

犬版 啓蟄 2016年04月10日(日)

  今年の冬は足早に去ったようですが、かといって春がやってきたとも言えない中途半端な気候が続いております。

ガーデンはすっかり乾き、わんこ達は気ままに走り回っております。

この時期になると“冬ごもり”していたわんこと飼い主さんが犬版の啓蟄みたいに動き始めます。

カフェでの相談も多くなってきます。
・外では一歩も歩けないMシュナ
・唸ったり時に子供を噛むわんこ
・反抗的な態度を家族に見せる柴犬

仔犬を飼い始めた時にアドバイスを求めていただければ、ちゃんとしたわんこ育てができたでしょうに、ほとんどの飼い主さんは問題行動が出始めてからの相談になる。
それが残念。

せめて長崎塾の「犬を育て犬と育つ」をダウンロード(無料)して読んでいただければ、少しは役に立つはずなのに…

カフェに来られた相談者の方を見ていると、『へえー、こんな風にわんこと関わっていいんだ』というちょっとした驚きが見られる。
どちらかと言えば縫いぐるみのようにかわいがり、腫れ物に触るような接し方との対比に驚かれるのだろう。

ともあれ、わんこが目立つ季節がやってきた。
ちゃんと育てましょう。
 

年度替わり 2016年04月01日(金)

  「あれ?今日は土曜だから営業してますよね?」
今日の午後、ガーデンの整備をしていたら介助犬ファーガスとNさんがやってきた。
「なに言ってんの、今日は金曜・定休日だよ」と私は言ったけど、せっかく来たのだからファーガスには自由にガーデンで過ごしてもらった。

ひょっとしてあれってNさん流のある意味エイプリルフールだったのか?

さて今日3月分の募金をファーガス基金に入金してきました。
カフェ募金;8,470円
3月3日板○様よりお振込み;2,000円(天国のチワワ/茶々丸さんからのお志です。いつもありがとうございます。)
受取利息;44円

これまでにファーガス基金に寄せられた募金は107万8696円となりました。
目標額150万円まで、あと42万1304円です。
頑張りましょう!

【ファーガス基金】'12年9月20日開設:目標額150万円
振込先
※ゆうちょ銀行(郵便局・郵便口座)からは
記号;19050 番号;33999621
※他金融機関からは
【店名】九〇八(読み キュウゼロハチ)
【店番】908
【種目】普通預金
【口座番号】3399962

名義はナガサキフミアキとなってしまいますが間違いなくファーガス基金として管理しております。
通帳はいつでもカフェにて開示いたしております。

これからもたくさんの方々の月々のご支援をお願い申し上げます。
なお、この基金について詳しいことを知りたい方は2,012年の9月20日・29日付のこの欄をご覧くださるか、直接カフェにお問い合わせください。

さてさて、カフェのガーデンはと言えばそこそこ使用できる状態になりました。が、考えてもみてください。
今日はまだ4月1日です。
いつもの年なら『ドジョウ掬いができますよ』という“ぬかるみ”状態であってもおかしくありません。

さあさあさあさあ、ウソかホントか?
ま、どちらも嘘で本当です。
日曜日からの雨で以後はスッキリするでしょう。
 

使える靴、あった! 2016年03月25日(金)

  我が家の愛犬アモ14歳11か月。
とにかく散歩好きのアモだったが、ついに後肢を運ぶ時に時折引きづり、爪が擦れて出血するようになったのが21日の月曜日だった。

脾臓にガンがあり、肝臓がいびつになってからもう3年以上は経過している。
何の治療もしていないから、体が弱り・思考も滞り、いわゆる老犬として衰弱し、苦しむ前に安楽死というシナリオの上で暮らしてきたのに、話が違う。

食欲旺盛、頭脳明晰の状況で、「どうも足の調子が悪い」と、あからさまにけっつまづき私に「何とかしろ」と目で訴える。

仕方がないので靴下をはかせてテーピングをしてみた。
わんこの中にはそういうことをすると違和感で嫌がることもあろうが、アモは全く気にしない。
それなりに歩けたが、散歩の度に新しい靴下をはかせ、テーピングすると経費がかさむので良さそうな靴をネットで取り寄せた。

昨日今日の定休日でその靴を試してみると、これがなかなかいい。
まだ装着する私がコツをつかめてないから、左足がうまくできないこともあるが、足を傷つけずに数キロ歩けた。

雪が解け、アスファルトが出てきたから爪が擦れたのだろう。
本当なら歩けなくなってしまっただろうに、この靴のおかげでまたしばらくは歩けるようになった。

さて、カフェのガーデンですが、今週末からが最悪のようです。
でも安心してください。
来週の土曜日、4月2日あたりには何とかなりそうですから。
こればかりは優れものの靴みたいにはうまくいきません。
 

3連休からのガーデン情報 2016年03月18日(金)

  明日からの3連休、ドッグカフェナガサキのガーデンはかなりヤバイ状況です。

1.小型犬の飼い主さんが食事メインで来店されるならまあOK
2.中型犬以上の飼い主さんが、食事メインで来店されるなら、まあ許容範囲
3.わんこを遊ばせようという目的の方は、無理!

つまり明日からの3連休はカフェも3連休した方が良いというガーデンの状況です。

トリミング等でご予約されておられる方は汚れないように配慮させていただきますが、それ以外の方はできるだけご来店されない方が良いかと思います。

覚悟の上という方にはそれなりのご協力をお願いいたします。

さて、今週の定休日初日は苫小牧でホッキ三昧。
二日目の今日は小樽で???三昧。
我が家の愛犬アモもそれなりに同伴し楽しみました。

ともあれ明日から2週間ほどはとにかくヤバイです。
 

カフェ情報 2016年03月14日(月)

  暖かくなってきました。
昨日まで問題なく使用できたガーデンは、今日からところどころ地面が顔をのぞかせています。
大型犬が思いっきり走り回るには厳しい状況ですが、通常の排泄なら十分可能です。
週末からの3連休は改めて報告しようと思ってますが、かなり厳しいでしょう。

毎年思うのは雪解けの3月中旬から1カ月の休業です。
来年からは休めそうなので、今年1年頑張りましょう。

さて、2年前から弱り始めた我が家の愛犬アモ。
去年の3月に倒れた時はいよいよとの覚悟もありましたが、サプリメント(アニマストラス)で若返ったように体調を回復し、オゾン療法で元気が出て機能的にうまく歩くどころか駆け回ることもたびたびです。

この一年本当に得した気分で、何にも代えがたい贈り物をいただきました。
無論、不老長寿とはいかないわけだからこれからのことをいろいろ考えております。

痛いかどうか本人は何も言わないけど、先週からその手の薬を与えています。そしたら朝起きた時から新雪の上を駆けるようになりました。
長期服用が可能な薬ですが、それでもどこかに負担があるでしょう。
仮にそうだとしても日々の暮らしを優先するつもりです。

先週の定休日にはオゾン注入の後、千歳の公園を4キロほど歩きました。毎週2回はこんな散歩で、普段はカフェから2〜3キロを歩いています。

2階の部屋から今日も勝手に階段を降りていたのでドキッとすることもありますが、もう少しつき合っていられそうです。

去年の12月21日にモル(ラブラドール)亡くなったとのご連絡をOさんからいただいてました。
私自身がモルと同じ肺炎でごたごたしていてお悔やみを伝えていませんでした。
Oさんのように愛犬と過ごせたことに感謝できればいいですね。
モル安らかにね。

Gさんのゴールデン/レオンも先週の9日に亡くなったとお伺いしました。
みんないい思い出をありがとう。
 

春はあけぼの、冬は雪 2016年03月01日(火)

  雪まつりが終わった3週間で、あれよあれよという間にひと冬分の雪が降った感がある。
野球で言えばコールドゲームを宣告される敗戦直前で大逆転したようなもの。
今年の冬はドラマティックでしたね。

除雪作業で大変な目に遭い、身体中痛めているにも関わらず、“逆転負け”じゃなくて“逆転勝ち”と感じる自分が楽しい。
冬はやっぱこうでなくっちゃね。

さてさて、年明け早々私が体調を崩したこともあってファーガス基金の集計ができないでいました。
1月と2月分を合わせて本日入金してきましたのでご報告させていただきます。

カフェ募金;15,160円(内お札2,000円)
1月5日;板○様より2,000円お振込み
2月15日;板○様より2,000円お振込み

これまでに寄せられた浄財は106万8182円となり、目標額の150万円まであと43万1818円となりました。
残念ながら今年も年末ジャンボを当てられたお客様はおられなかったようですが、着実に一歩ずつファーガス基金を満願に向けて結実できるようご協力をお願い申し上げます。

なお、カフェにもう一つ設置しております北海道の盲導犬の募金箱『ミーナの箱』の回収が先日あり、その2月22日付の領収書が届いております。
募金額は1万1200円でした。

ドッグカフェナガサキのお客様の意識の高さがお分かりでしょう?
13年も続いております。カフェの誇りです。

23時を過ぎたのでアモのトイレでガーデンに出ました。
おいおいいい加減にしてくれ!
明朝の除雪作業が確実なだけの雪が降り続いております。
アモはウキウキしてガーデンを転げまわっている。
やっぱりうれしいんだ。
 


- Web Diary ver 1.26 -