From the North Country

ライムが逝き、繋がりを感じる 2021年06月09日(水)

  Mダックス プー・ライムのIさんから今夕電話があり、ライムが先月17歳で亡くなったとのことです。

カフェ廃業後、これでぷー助・ライムの二人共を失くしたことになります。
どちらも寿命を全うしただけでなく、I夫妻の人生の大きな思い出/支えとなりました。
そして、その喪失でお二人は悲しみと感謝と脱力に包まれておられるようです。

「黙っていようと思ったけど、それも辛かった」と今夜私に電話をくださいました。
1時間以上もしゃべったでしょうか。

だって、カフェ繋がりでIさんの一番の友となったゴールデンのサリモナのYさん自身が亡くなってしまったことは、この欄でも書いた通りで、他に誰にも言えなかったのです。
Yさんはライムのことが大好きで、胴長ダックス/ライムを手風琴(アコーディオン)のように、扱いながら可愛がり、ライムはされるがままを楽しんでいたことが思い出されます。

そんな中でもゴールデンJクンの飼い主だったYさんがいろいろと言葉をかけて助けてくれたと感謝していました。

I夫妻を知ってる方、連絡を取り、思い出話を聞いてあげてくださいね。

ところで私は今日、かかりつけ医で定期の採血をしたのですが、「もうコロナのワクチン打てますよ」と言われました。

カフェの同窓会、できますね。

私自身は、覚悟はありましたから、いろんな方とお会いしたかったのですが、カフェのお客様だった方々が気を使ってくださっていたようです。

同窓会、社会が落ち着いたら段階的に始めたいですね。
 

むかしむかし、爺さん婆さんがおったとさ 2021年06月05日(土)

  スズメの夫婦、スズとノスケは我が家の目の前(5メートルほど)のトドマツの巣箱に営巣し、どうやら最近孵化した子供を育てているようだ。
入れ代わり立ち代わり、虫を咥えては出入りを繰り返している。

キジバトのカップルは一昨日、朝から夕方まで裏庭でいちゃいちゃし続けておりました。

ヤマガラ以外のカラ達の姿をあまり見なくなりました。

アカゲラが先月中旬からヒマワリの種を食べるようになったのには驚きました。
食べるだけじゃなく枝の隙間に種を隠して保存しようとする姿が毎日見られます。
反面、豚の脂身を食べる頻度は減少しています。

早朝というか、6〜7時頃に札幌では珍しいカササギを目にするようになりました。

北海道でも南側の太平洋寄りの苫小牧や鵡川方面で見たことがありましたが、今年に入って我が家に何度か来ています。

思い返せば、春先にいたシメ・ツグミ・ムクドリは姿を消し、カワラヒワはまだ顔を見せ、ヒヨドリが長居し、アカゲラも常連となっています。

そんな今夜、ファイターズがジャイアンツを相手に、一気に6点を入れて逆転・追加点を入れた喜びを大爆発させ、クールダウンしようと、庭のカーテンをあげ灯りをつけると、何と目の前にいるのは丸々としたアライグマでした。

「なに寝ぼけてんの!」って言われないために、「早く早く!」とKを呼び、おかげで二人でしっかり見ちまいました。

3月にガラス戸を叩くエゾりスを、私は興奮をこらえて見ていたのですが、そん時はKを呼んでも間に合いませんでした。

でも今夜はバッチリ!!
ゆっくりとフェンスをよじ登って帰っていきました。

先週、裏庭で「これってキツネの糞だよね」って、時々見るキタキツネを想いながら話してたけど、まさかアライグマだったとは!

この辺も都会化してしまったのでしょうかね。
ちょっとがっかりです。
だって人家のゴミなんかを漁り、生活している野生動物は、あまり見たくないな。

やせ細っていたら応援したくなるけど、今夜のは肥えておった!

追い払わなかったのは私と同じような体形だったからで、フェンスを「よいしょ」とばかりに、よじ登って逃げる姿に連帯を感じてしまった。

いかんいかん!!
あれは「戒めよ!!」と、タヌキのお告げなのだ。
 

さあ6月ですね 2021年06月03日(木)

  ゴールデンのあむちゃんとデナリ。
カフェ時代の大型犬仲間の方ならご存知かと思いますが、若い方のデナリが8歳だったでしょうか、確か3月に亡くなったと伺いました。(あむは元気なようです)

愛犬を亡くすことは本当に辛く悲しいことですが、多くの場合そのことは最初から分かっていたこと。

齢を重ねる度に、出会う喜びに加え、失う悲しみに触れるようになります。

6か月のラブラドールの子育て支援を今していますが、私にとっては残された力の放出ではなく、エネルギーの補充になっているのではと考え、頑張っております。

ところで、2年ほど前から子育て支援をしていたバーニーズのレオン君(3歳)が今日久々に訪ねてくれました。

私のことを覚えているのは当たり前。
大喜びのレオンは、成長し50キロは越えてる身体を私に向けて突進!
でも、ちゃんと高齢の私を気遣って、体当たりのフリの振る舞いをしてくれました。

思いました。
私は仔犬からのわんこ育てをしているけど、結局は『飼い主育てもうまく一致した時に、やはりいいわんこが育つ』のだなと。

わんこ育ては、私の得意範疇で、わんこの学習能力があるからみんなちゃんと育つ。
でもな、飼い主は長い人生経験の中で、それぞれの考えを持った大人だから、私のアドバイスだけではどうなるかはわからん。

レオンが受け継いだ血の中に、何かあると声を出す(吠える)傾向が強かった。
血統の行動は変容させるのが極めて困難な場合が多い。

普通の飼い主なら『イヌだから』と思うかもしれないが、私と飼い主のMさんはそうは思わなかった。
「あんた犬でしょ!」
つまり、あんたはわんこなんだからできないはずはないでしょ!という当たり前のことを信じていたのだ。

確かに血統的に強弱があるから、こちらのエネルギーも一定とはいかない。
でも、そんなことは想定内なんだな。

育てられたレオンは声を出すことなく、図体も感性も振る舞いもさすがでした。

教え子の成長を思い出し、旨い酒を飲みながら今夜は書いております。

で、仕事の話。

レオンが来てくれたのも外のトイレに必要な、ゼオライトに関してのことです。

このところゼオライトの注文が重なっているのですが、それでも少ない!!

で、お伺いしたいのですが、外で排泄させてるわんこの飼い主さん!

1.自宅以外散歩中にトイレを兼ねさせてる飼い主さん!
・他家の玄関先や『ここはまずいだろな?自分がされたら嫌だな。」と少しでも感じるところにはさせないようにしましょうね。
オス犬の場合は、ちゃんと去勢手術してますか?家庭犬の場合は常識ですよ。

2.自宅の敷地内に排泄場所がある飼い主さん!
ゼオライトを撒きましょうね。

ハイターやブリーチといった次亜塩素酸系の漂白剤を使うのもありですが、薬剤で汚染されたりわんこの足の裏がただれたりしますよ。

ゼオライトの臭い吸着力は長年ドッグカフェを営みながらも、排泄臭に困らなかった私がはっきり言えます。

わんこがオシッコをする場所にはゼオライトを撒いておきましょう!

暑くなりプーンと臭う季節の中で、飼い主としてのマナーですよ!

道内なら1袋20キロ入り2150円で、2袋以上なら送料が無料です。

札幌近郊なら配送だけでなく、数袋なら私がお届けし、わんこ相談にも応じますよ。

北海道以外でも、ネットで20キロゼオライトを検索してみてください。
送料込でもたぶんお安いと思いますよ。

値段よりも、近所の方とのお付き合いを考え、わんこの排泄場所の消臭は必ず行ってください。

ご注文は
電話:090−4878−0729
dogstvtor2018@gmail.comもしくはこの欄で書いてあるアドレスにどうぞ。

地域から嫌われる飼い主にならないように配慮しましょう。

我が家の庭にカササギが最近来てくれてます!
スズメもキジバトもラブラブなんですよ!
部屋からも外に出ても半日もずっと見せられてます。
 

訃報 2021年06月01日(火)

  今日の朝8時頃にNさんのラブラドール奈津子(なっちゃん)が旅立ちました。  

明日は皆既月食の前日に 2021年05月25日(火)

  今日、(一応)ハスキーのラヴィーと飼い主のYさんご夫婦が訪ねてきてくれました。

ラビコ元気でしたよ。11歳だったっけな?
とてもとてもそんな年には見えず、カフェにいた頃と同じ幼い可愛い顔してました。

マスクしてた私に???ってな顔してたから、マスクを外すと大喜びしてくれました。

ゼオライトを買いに来てくれたのです。

Yさん夫婦も元気でした。

ゼオライト5袋を高齢者同士で車に積んで、また自宅で運び入れるより、配送業者に届けてもらった方が楽だし金額も同じなので、配送にしました。

カフェ時代の仲間に、こうしてお会いできるのはとてもうれしいものですし、これを読んでなつかしく思い出されている方もおられることでしょう。

最近では、フェイスブックやツイートそれにインスタなんかでの発信が主流ですが、私は昔懐かしのブログでお伝えしますね。

ところで、この欄でも書いてるラブの近況です。

18日に生後5カ月を過ぎ6か月に入りました。

乳歯は犬歯だけとなり、甘噛みされてもツボを外せば痛くありません。
イエストレーニングの成果で私の声に反応する、いわゆる『聞く耳を持ったわんこ』に育っています。

飼い主さんは初めてわんこを飼うし、しかもラブだから結構もてあそばれているようだけれど、私の眼で見れば順調に育っていると思う。

ここでひとつ、多くの方が見落としているわんこのことについて書いておこう。

っと思ったが、今夜はなぜか酒が美味く、書き進めるうちに焼酎から日本酒・ウィスキーといってしまった。

ラブっ子のレッスンを終えて、飼い主さんの自宅へ戻ったら、数軒先の方が近寄って来られた。

見ると、Mダックスメリーの飼い主Nさん。

昨年2月に亡くなったメリーの飼い主さんです。
こんなところで近くでお会いできるなんて世間は狭い。
メリーの話をすれば、奥さんの眼に涙。

カフェを閉めて3年だっけ?

なんだか、まだ、わんこや飼い主さんたちと関わっていなさいと天から言われているような気がしています。

望むところでもあります。かな?

ズームなんかで実技の前のわんこ育ての座学をみんなでワイワイやる、なんてのもありでしょう。

ニーズがあればね。

ともあれ、酔いました。また。
 

酒代を調達する算段 2021年05月18日(火)

  唐突ですが、ゼオライトとナチュラルバランスのドッグフードは現在もお取り扱いしていますよ。

今日みたいに陽射しが出ると、庭先でわんこに排泄させている家庭では、そのうちプーンと嫌な臭いが立ち、ご近所迷惑にもなりかねません。

ゼオライト(大きさ3〜7ミリの白い粒状の軟鉱石)を撒いておけば、そんな心配は無し!
1袋20キロ入り2150円です。
2袋以上なら送料300円/1袋が無料!

ナチュラルバランスのドッグフードはとにかく安全安心の信頼できるフードです。

人が食べられる物しか原料にしていません。

我が家の愛犬も17歳9カ月まで、ほとんど病気もなく長生きしてくれました。

ナチュラルバランスのドッグフードはアレルギー対応とかいろいろあるのですが、私が取り扱うのは小型〜大型で仔犬から老犬までの普通食です。

道央圏ならドライブ好きな私が配達し、ついでにわんこ相談もお受けいたしますよ。
勿論、フード以外の御代は頂きません。

ゼオライト・ドッグフード、この二つについてのお問い合わせは
090−4878−0729
メール;dogstvtor2018@gmail.com
まで、お気軽にどうぞ。

生後2か月から4カ月までのわんこであれば、「わんこ育て」についてもご支援いたしますが、必ずというわけではありませんので、まずはご連絡ください。

私が若い頃から引退するまでに得た、知識と経験それに技術を持ち腐れないようにとの思いからです。

ご活用いただければ幸いです。
 

追悼 2021年05月02日(日)

  すでに逝ってしまったゴールデンのサリー・モナリーの飼い主Yさんが亡くなられ3日が経ちます。
なんか、がっくりです。

まだ若いのに、痩身なのにあんなにパワフルでエネルギッシュで明るくてチャレンジャーだったのに・・・

カフェを始める前、札幌中心部の中島公園で知り合いました。
以後、カフェの常連というよりわんこ仲間としてお付き合いさせていただきました。
丸瀬布のキャンプ場や、佐呂間のイベントでは6人5頭お寺のお堂でわいわいやりながら泊まったこともありました。

愛犬を亡くした後は、これまたカフェ関連の人間のつながりで、今度は馬に興味を持ち、愛情と時間それに労力を注いでいました。

私は牧場の横を通るたび、Yさんの車があるのを見て「頑張ってるんだ。元気なんだ。」と嬉しく思い、また安堵していました。

残念です。本当に残念です。

コロナの影響で葬儀にも行けませんでしたが『ドッグカフェナガサキと仲間たち』で、皆様の想いを込めて供花しておきましたのでご安心ください。
きっと喜んでくれたと思っています。

職場の関係で参列された、チワワのクー・テンちゃん(どっちも元気!)のNさんには「ご焼香の時、長崎が『またね』って言うとったと伝えて」とお願いしたら、「(まかせとき!)しっかり伝えておくね」とのことでした。

いつかあの世でみんなでパーってやれる日を楽しみにしています。

で、最悪天気で最悪コロナが続くGWの今日、雨も上がったので5カ月目に入ったラブラドールの子育てに行ってきました。

相変わらず乳歯で甘噛みされると痛いし、臭い取りや枯葉を追いかけて引っ張るガキラブと戯れました。

わんこ育ては楽しいものです。
これが1歳を過ぎたわんこなら、わんこ育てではなく“更生の道”を歩ませる作業になるので、手荒いマネも必要な場合もあり、お互いエネルギーのぶつかりあいとなるのだが、それがないのが良い!

うまく育っているか、育て方が上手になっているかどうか?
それは何とも言えないけど、初日に会った時の飼い主の表情と声が、最近は明らかに明るくなっていることだけは確認できている。

Yさんも、もっともっとやりたかっただろうなぁー
 

人には性分ってのがある 2021年04月21日(水)

  竿を持ち上げるとむにゅーんとした重たい感じ。
ニッカウヰスキーで有名な余市は、私の行きつけの好釣り場です。

そこで竿を出していると、そんな感触が伝わってきました。

釣り人の少ない平日でした。
けっこう地元の漁師と知り合いになっているのですが、その日はたまたま地元の青年漁師と世間話をし、別れた後でした。

この感触はタコに違いない!と確信した私は「おーい!おーい!」と、離れていく青年漁師に叫びかけました。

手を振る私に反応して青年漁師が戻ってきてくれました。
彼に釣竿を託し、私はギャフ(ひっかけるかぎ状の金具)を準備して、無事5キロくらいの水タコを上げることができました。

漁師の青年は手際よくタコの頭を裏返しにして、内臓を取り除いてくれました。

8本の足のうち、2本が半分無くて、そのうちの1本から新しい細い足が再生していました。
そのまま、超厚手のビニール袋に入れて持ち帰りましたが、半日経ってもタコは力強く動いていました。

話には聞いていましたが、タコの再生力と生命力には驚きでした。

美味しく頂きました。

さてと、実は私、またまたお呼びがかかって、4か月のラブラドールの子育てに関わる羽目になっております。

心療内科に通う患者の親に、医者が犬を飼うのを勧めたというのです。
そして飼ったのがよりによってラブラドールなのです。

「おい!心療内科の医師よ。いいかげんな知識で言うなよ!自分でラブを育て、暮らしてから言えよな!」
って伝えてやりたいです。

医師の言葉に素直に従い、わんこを飼ったこともなく、「犬が怖い」とすら思っている家族の日々を見かねた人の一人が私を紹介してきた。

日々、緩い生活をしている私だけど、こういう話にはなぜか反応してしまう。

ま、ただそれだけのことだ。
甘噛みするわんこが懐にいたら、いじりたくなるよね。

訓練はしない。
わんこ育てのお手伝いはする。
今はそんな生活が自分に合っている。
もちろんプロフェッショナルの知識技術は保持しているつもりだ。
 

今年もエイプリルだぜー 2021年04月02日(金)

  先週で北海道の道の駅124カ所+新駅3か所を全制覇してきました。
エイプリルフールではありませんよ。
本当のことです。

ああ、それなのに
「みてみて!キジバトがリンゴ食べてるよ!」と、我が家のバードフィールドを眺めながらKが言うので、ウソだろう!まさか?と思ったシャワー上がりの私が急いで駆け寄ると、そこにいたのはいつものヒヨドリでした。

見事に騙されてしまいました。

悔しかったので、しばらくの時間をおいて
「すごいね、日当たりのいいあそこは植えたチューリップがもう咲いてんだね!」ってKの庭を見ながら言ってやりました!

まんまと見に行ったKに「さっきまで咲いてたんだけどなぁ」と、言ってやりました。

Kの顔を見て満足しました。

してやったり!です。

今年は引き分けのエイプリルでした。

新年度です。がんばろう!!!!!
 

月日は百代の過客にて 2021年03月23日(火)

  本当は2度目の日本一周をしたかったのですが、昨今の諸事情で今年は断念せざるを得ませんでした。

代わりに昨年秋から、北海道の道の駅124駅+今年度はまだ登録されていない数か所の新駅を全制覇することにしました。

前回のこの欄では、せっかく行ったのに定休日だった道東の尾岱沼と北見の温根湯に再び出かけた報告をしました。

道南以外でただひとつ残っていた稚内方向にある初山別に3月10日にまた行ってきました。

昨秋行ったときはスタンプが盗難にあったらしく、スタンプ台だけがさびしくありました。

今回はここだけのためのドライブだったので、道の駅にある岬の湯にもゆったり浸かりました。
眼下に小さな漁港を見る、まさに日本海に突き出した”岬の湯”でした。
名物のフグ料理もいただき、さて、あと残すは道南方面のみとなったところです。

それにしても、近年はエゾシカとスマホ見ながらのドライバーの増加が半端ないですね。
あちこちにいるエゾシカに注意しながら運転していると、対向車のドライバーはスマホに目を落として、道路わきにいるエゾシカには気づいているのかどうか目もくれない。

まあ、交通法規に関してとやかく言える人間ではありませんが…

ところで、2度目の日本一周をしたいと冒頭に書きましたが、なにをもって『日本一周』というのでしょうね?

沿岸沿いをぐるりと回れば、確かに一周だけど、ちょっとなんか違う気がする。

サッカーワールドカップを日韓で開催した2002年には、とりあえず全都道府県を回ってきましたが、それでもなんかちょっと違うんですね。

で、考えてみたら、当たり前だけど、ただ回るだけじゃなくその町の歴史や文化、人々を少しでも多く知ることが本当は含まれなきゃいけないんだろうなって強く思うようになりました。

でも、今この年齢になったわが身には時間もお金も体力も到底足りません。

で、精一杯の2度目の日本一周の目標に掲げているのが
※全都道府県市町村の通過(できれば1分でも多くの滞在)でありまする。
区は含めないことにしました。歴史文化より行政区画の便宜上という臭いがしますから。

こんな旅にKが同行するはずもないし、ひとりもいいけど、夜はちょっと不安だし、せめてわんこでもいれば車中泊を楽しみながら、時間を気にせず、お金だけを気にすれば・・・

夢ですよ、夢想です。
ひょっとしたら・・も一度できるかな?やってみたいな。くらいの。

1回目の旅の時、田舎の山を下りだしたとき、蜜柑の無人販売所で買った蜜柑の甘かったこと
同じくどこかの無人…で買った玉子を、その場で3つも目玉焼きにして思いっきり食べたことなど、思い出は一杯です。
「だご汁だぁ。うめ”ぇか”?く”え」
いいもんでした。

来年かぁ。まだ行く気力あるかなぁ。

さて、ともあれ、明日(24日)から道南の残りの道の駅を、できれば3日くらいで全部回ってきます。

26日金曜日からは、どのメディアからも今年ダントツパリーグ最下位と予想されているファイターズの試合が始まります。
熱狂的ファイターズファンであるKのそばにいてあげなければならないのです。

皆、旅人なのです。
 


- Web Diary ver 1.26 -