From the North Country

禁煙禁酒。身体が受け付けなくなる日 2015年09月11日(金)

  2か月ほど前から夜になると咳と痰がひどくなったものだから、先週、近くの耳鼻科クリニックで診てもらった。

「ぜんそくとアレルギーかな」と医師。
これまでぜんそくもアレルギーもなかった私には結構パンチの利いたお言葉に聞こえた。
喫煙歴40数年の見返りがいよいよやってきたようだ。

「呼吸器疾患が考えられます。紹介状を書いておきますからH総合病院の呼吸器科で診てもらってください」
そんな流れになって今日その病院を受診した。

2時間近く待って、胸部レントゲン1枚を撮り、ようやく先生と対面して胸と背中の聴診を受けた。
「はい、息を深く吸って。はい、一気に吐いて!」
指示通り私はやった。
「肺に喘鳴がありぜんそくですね。肺気腫があるということですのでタバコやめませんか」と先生。

真っ当なご指摘で、いよいよ決断を迫られた。
「最近は煙草を吸わなくても禁断的なことはありません。40年以上も吸っているから体が飽和状態になってただ習慣で吸っているのかも知れません」と私の現状を吐露した。
「やめるのですか?」と先生。
「いいえ、今日明日ではやめないでしょう。でも、以前の3分の1になっていますからその日が近いように感じます」と私は答えた。

そんな患者のたわごとをこれまで聞き続けた先生なのだろう。
「タバコをやめないなら治療は無駄でしょう。原因を続けながら治療をするのは意味がありません」と毅然と言われた。

不謹慎だったが私は笑みを浮かべた。
「家庭犬を育てたいならオス犬の去勢は当然であり、それがスタートラインだ」という私の主張と、先生の患者を診る想いがなぜか重なってしまったのだ。
そうでないと訓練は受けられない
そうでないと治療は始められない
との正直な主張であろう。

「待合の廊下で、酸素ボンベを引きながら歩いている方を見かけませんでしたか? 今のままだと20年後には間違いなくあなたもそうなります。亡くなるまでの数年はそれはそれは苦しい思いをすることになりますよ」
先生は究極の状態を話してくれました。

「じゃ10年後はどうでしょう?」と思わず私は訊いてしまった。
というのも私はKに約束をしていたからだ。
『生きていれば、71歳まではうんことしっこは自分でする』という約束だ。

「うーん、そのあたりはまだ何とも言えません」と10年後の悲観論を先生は封じてくれた。

致死率100%の人生を私たちは今生きている。
いつまで生きるかも大事だし、どう生きるかも意味がある。
タバコごときでとやかく言うつもりはないが、紫煙をくゆらせる遺影も悪くはない。
人生を語った節目節目の一コマには違いないから。
ただ、今は吸いたくないし吸うに吸えない気分だ。
 

ファーガス基金2015年8月 2015年09月05日(土)

  1.明日6日(日)は、都合によりお食事のラストオーダーを15時半とさせていただきます。
16時からシェフ不在となりますが、Kが奮闘してドリンク類はご提供いたします。
よろしくお願いいたします。

2.8月分のファーガス募金を1日(火)に入金して参りました。

カフェ募金:19,405円(内お札は13,000円)
口座振込:8月25日中島様より5,000円

8月分小計:2万4405円でした。

これまでの合計:98万1175円
目標まであと51万8825円となりました。
皆様ありがとうございました。

【ファーガス基金】'12年9月20日開設:目標額150万円
振込先
※ゆうちょ銀行(郵便局・郵便口座)からは
記号;19050 番号;33999621
※他金融機関からは
【店名】九〇八(読み キュウゼロハチ)
【店番】908
【種目】普通預金
【口座番号】3399962

名義はナガサキフミアキとなってしまいますが間違いなくファーガス基金です。
 

告白しちゃお。判断は各自で。 2015年08月31日(月)

  この欄をお読みの方がそれなりにおられ、影響力が多少なりともあることを存じております。

そのうえで、今夜は無責任で非科学的とのお叱りを受けることを覚悟し、この9か月ほどの間に起った事実を書いておきます。

いずれも我が家の愛犬アモ14歳4か月と身近で知り合いのわんこ達の実例です。

1.アニマストラス
日本ビーエフ株式会社が総代理店となってカフェでも販売しておりますスイス製のサプリメントです。

・カフェで売れ残ったこの商品を廃棄するのがもったいなかったので、アモの食事に入れました。
すると、1ヶ月もしないうちに頭と目の上にあったイボが消え、毛並みが良くなり、散歩のスピードが上がりました。

・もしかと思い、獣医師から半ば見放された近所の脱毛がひどい柴犬の飼い主さんに勧めてみました。
すると1ヶ月ほどで毛が生えそろい感動モノでした。

・夏場になると全身にかゆみを伴う湿疹が出るラブラドールのSちゃんは、これを飲んで「今年はちょっといい感じ」ということでしたが、「それでもちょっとかゆがる」という話でした。
サプリをやめた途端、いつものように激しく痒がり、再開するとまた良くなった、という話を昨日聞きました。

・背中の毛が背骨に沿って抜け落ちていたチワワのSちゃんも、昨日の来店時にはふさふさでした。

こんなことって普通にあるんですね。
自分でサプリを販売しておきながら、感動です。
8割以上の確率で効果が目に見えます。
しかも1〜2ヶ月で。

2.オゾン療法
千歳市にあるイコロ動物病院のY先生夫妻との出会いはユニークなものだった。
山奥で保護された黒ラブ(もどき)のどうしようもない暴れん坊を先生は引き取り、病院の看板犬にしたいと、私を選んでくださった。
そのプロセスは省略しますが、ご夫婦でとても頑張ってくれまして、今では病院の看板犬です。

3か月ほど前だったろうか、Y先生が「アモちゃんに是非やってあげたいオゾン療法というのがあるのですが…」という申し出があった。
私は「はい?なにそれ?」という冷ややかな反応しかできなかった。
というのも、アニマストラスで体調が回復した時期であったからでした。

まあ、それでも医療行為ではなくY先生のご厚意だったものだから半信半疑で通ってみました。

すると『まあ、どうしたことでしょう!』
・後ろ足がつることがなくなり、ナックルも消えました。
・歩くスピードがよぼよぼから変わりました。
・何ていえばいいのか、右肩下がりの老犬生活が横線状態となり、今日はちょっとのぼり状態でした。

それ以外にも紹介していいのかな?という劇的変化のわんちゃんがいます。

黒ラブ(もどき)の大吉君がイコロ動物病院のY先生と我が家とアモを結びつけてくれましたが、今のアモとの生活をみれば、本当に良かったと思っています。

アモだけではありません。
紹介したわんこ達の変化を実感しているから今夜この欄に書く決心ができたのです。

老犬と暮らしている全国の飼い主さん。
決して現在の科学や獣医学では認められてはいないかも知れませんが、あえて経験をご報告いたしますね。

科学で新たな治療法が見つかることもあれば、科学で後に実証されることもあります。
今夜は現時点での報告であり、記録です。

私が今夜書いた対象となるわんこは、老犬です。
私のわんこには数年前から脾臓ガンがあり、両足靭帯断裂の過去があります。
そしてせめてもの目標は『ピンコロ』で、それはわんこと私の共通目標でもあります。
 

ドッグカフェって何? 2015年08月29日(土)

  2週間近くのご無沙汰でした。
その間、いろいろと思うところがありました。

今日、わんこ無しでご来店いただいた方と話をしているうち、改めてカフェの想いを伝えておくべきだと思って更新することにしました。

ドッグカフェって何ですか?

他の店がどうかは別にして、ドッグカフェナガサキの想いを書かせていただきます。

1。わんこもOKという良心的なお店がありますよね。
つまりはわんこ好きなオーナーが、ちゃんとしたわんことマナーを心得た飼い主さんのために受け入れてくれたお店です。

2.そんなお店が日本中に増えてくれたらどんなにうれしいことでしょう!

3.ドッグカフェってそんなお店にたどり着くまでの、基本的なしつけやマナーを学ぶ『飼い主とわんこのための登竜門』だと私は考えております。

4.例えば究極の家庭犬である盲導犬とか介助犬などの身体障害者補助犬はどこでも受け入れてくれますよね。たとえ彼らのような仕事ができなくても振る舞いだけを私たち飼い主は意識すればいいわけです。

5.ドッグカフェっていうのが、そんな枠に当てはまらないわんこと飼い主の欲求のはけ口として『わんこなんだから何でもあり』という存在なら、私は悲しく思う。

6.過渡期としてのお店なら許せもするでしょう。

7.でも、そこら辺のお店に普通にわんこがいて、公共交通機関にわんこがいる遠い未来を想像してみてください。
今の姿が追い求めている未来に寄与しているでしょうか?

8.ドッグカフェナガサキは『暮らし易い家庭犬』を育てることで、一般社会からの受け入れを促す活動をしています。

9.・・・ああ酔い潰れそう・・・

それでもいろんなわんこを受け入れているのは、飼い主の意識改革を促すためと、単に経営を維持するためであり、本心は思いを共有できる仲間との出会いを求めているのだと告白しておこう。
 

残暑お見舞いもうしあげます。 2015年08月17日(月)

  このところ本州方面での猛暑日のニュースを聞かなくなりました。だいぶ落ち着いてきたのでしょうか。

今年の札幌はとにかく湿度が高く、だからバテやすい。
夕方涼しい風が吹いても爽やかじゃない感じです。
釧路に帰省し今日戻ってこられたCちゃんは、「釧路は肌寒くてカラッとしてた」とのこと。
『夏は道東をめざせ』ですね。
お盆が過ぎてのこれからに期待したいところです。

さて、
1.26日水曜日は16時までの営業とさせていただきます。

2.エッグベイビー『カモノハシ』5個入荷しました。ご予約のお客様お待たせいたしました。

暑さもあと2週間ぐらいでしょう。
愛犬共々ご自愛ください。
 

ちゃんとそばにいるよ。 2015年08月12日(水)

  早いものでゆうまり家のチワワ/らむが逝ってから1週間。
らむはまだその辺をうろうろしているみたいだし、私たちも毎日何度か名前を口にしながら過ごしております。
皆様お心遣いありがとうございました。
ひきこもりの野生児ながら、たくさんの良い思い出を残してくれた賢いわんこでした。

ゆうまり家ではこれから1年、なにかにつけ涙することがあるでしょうが、笑顔に包まれた楽しい思い出がすでに会話の中に盛り込まれています。

さて、今年の夏も去年同様夕方になれば涼しくなる日々が続いています。
我が家の愛犬アモも暑さに参ることなく、夕方の散歩を楽しみ、途中のどが渇けばどこに水道があるのかを経験と概念(ある規模の公園⇒水がある)で、初めての場所でも水飲み場を見つけ出しております。
年を取ってからは特に頭を働かせるように、私とKも心に留めております。

今朝シャワーを浴びて浴室から出ると、アモがゆっくりと慎重に階段を下りていく姿を見ました。
余計な声をかけて転落でもしたら…と黙っていましたが、ちょっとした事故がきっかけになることもありヒヤ汗ものでした。
まあ、あの慎重な後ろ姿を見ていると、「俺を年寄り扱いするな!自分の人生は自分で決める」と背中が言っているように思えました。
誰かに似たんでしょうな。

その時はその時。今を生きる。
 

7月のファーガス基金 2015年08月03日(月)

  新たな気象衛星が軌道に乗り、ますます気象予報がきめ細かく正確になる、というニュースを昨年読みましたね。
でも、最近の予報、なんか前より当たってないような気がしてなりません。

情報ばかりが多くてまとめ方に混乱があるんでしょうね。
31度の予報だった今日のカフェ周辺は結構涼しくて、夜はとっても快適です。
こんな間違いはそれなりに許せますが、キャンプ予定の日が曇り予報だったのに大雨になったら怒りたくなりますね。

さて、7月分のファーガス募金を今日入金してきました。
お札が8,000円、硬貨が7,220円、合計で15,220円ありました。
募金額は7月末に集計したのですが、入金は週明けの今日になりました。
そしたら今日の日付でカワタ様からの振込3,000円が記帳されてました。

先月分として一緒にまとめちゃいますね。
で、これまでファーガス基金に寄せられたご芳志の合計は95万6770となりました。

目標額は150万円ですので、残り54万3230円となりました。
2012年9月にファーガス基金を立ち上げ、もうすぐ3年となりますが、この間に目標額の3分の2達成です!
あと2〜3年で満額行きますよね?
それまでカフェは頑張りたいです。

ファーガス基金に気象衛星はないけど、かなり正確な予想だと思います。

で、【ファーガス基金】'12年9月20日開設:目標額150万円
振込先
※ゆうちょ銀行(郵便局・郵便口座)からは
記号;19050 番号;33999621
※他金融機関からは
【店名】九〇八(読み キュウゼロハチ)
【店番】908
【種目】普通預金
【口座番号】3399962

名義はナガサキフミアキとなってしまいますが間違いなくファーガス基金です。

ご協力いただける方のお振り込みを大いに期待しております。
サマージャンボ次第では一気に『上がり!』という報告もできるかもしれません。

ファーガス基金の通帳を見ながらこの報告を書いています。
この通帳はカフェでいつでも開示しています。

今後とも目標達成までご協力をお願い申し上げます。
 

この4か月は安定状態 2015年07月29日(水)

  14歳3か月を過ぎた我が家の愛犬アモ。

・脾臓の腫瘍
・肝臓のギザギザ変形
・腰椎の一部溶解
1年以上前にそこまで知らされて以後、治療も検査もしてないから体の中がどうであるのかは知らない。

私が分かるのは日常のアモのこと。
昨年末まで右肩下がりに老化が進んでいたのが、その後3つのアプローチで横ばい状態となっている。

・キャンプに出かけ泳げる
・日常の散歩も4キロぐらいはぜんぜんOK。途中で駆けることもある。
・快食快便
・以前の20%程度の聴力
もちろん老犬としての動きである。
よたつくし、つまずく
横になるのも立ち上がるのも辛そう
・ボケ症状や失禁などは今のところない
・夕食後は若い頃と同じように遊びを誘う
・15段の狭く急な我が家の階段をひとりで降りていることがままある

改善されたこと
・ふたつあったイボが完全に消え、被毛の衰えがない
・右後肢が突然吊って転倒するのがなくなった
・後肢のナックルがほぼなくなったので、サポーターが一時的だろうがこの数ヶ月不要になった
・水を飲みこむとき、一口目だけ電気が走るようなビクンという反応が消えた

最期の炎がちょっと明るく燃えているのかも知れないし、ひょっとして夏を超え来年があるかもしれないとも思える。

ともあれ、いつもどおり暮らせている今にありがとう。
 

試しに長崎塾もご覧ください 2015年07月19日(日)

  先日お約束をした“長崎塾”の『犬を育て犬と育つ』全文を昨日から公開しております。

先ほどザーッと部分的に読み返してみました。
やはり未完の書であることを実感しておりますが、仔犬からわんこ育てをされる方のお役に少しでもなればと願ってのことです。

これまで、有償で読まれた方もおられますが、公開したことで少しでも『暮らし易い家庭犬』の意識を持たれる飼い主が増えれば、とご理解いただけると思います。

本当はさっさと公開したかったのですが、なにしろコンピュータに不慣れなオヤジですので、あれこれ考えながらも昨日バーニーズ/ラブちゃんの飼い主Mさんの指導を受けてアップできた次第です。
私自身、頭を悩ませてもうちょいでアップできたのにできなかった。
まるで、わんこ育てのそれと同じですね。
自分で考え、そのうえで適切なアドバイスを得る。
Mさん、ありがとうございました。

で、自分で書いた文書を読み返してみて感じたこと。

1.犬を飼育するのは割と簡単だけど、家庭犬を育てるのはエネルギーが必要ですね。

2.家庭犬って自分の作品ですよね。そして育てる過程というのは、エネルギーに満ち溢れ弾けながら成長するわんこにブレーキという概念も同時に持たせることではないでしょうか。
それがコントロール/制御です。
みんなわんこが可愛いからとアクセルばかり踏んで、暴走した時に「困った」って言ってるんじゃないでしょうか。
 

飼い主もわんこも覚悟を持て 2015年07月15日(水)

  全国的な猛暑が続いております。
ご自愛ください。

カフェでは、適度に遊んでその後のんびりする中年以上のご自愛組のわんこ達と、猛暑の恐れを知らない若武者組のわんこ達が混在しております。

こんなに暑い中、自らの体温をさらに上昇させながら遊びまわり、ゼーゼーと呼吸しているわんこ達もそのうち『あの頃はよかった』と冷静に受け止める日が近いと思われます。

そこで提案を一つ。
わんこの散歩で引っ張られて困っている飼い主さん。
リュックにわんこ用の水とご自身用のペットボトルを入れ、サハリ砂漠でも歩けるような格好で散歩に出かけましょう。
もちろん一番暑い時間帯に。

日頃いい気になってあなたを引きずり回しているわんこにとことん『つき合ってやるぞー!』とやってみなさい。

他犬や人に吠えかかるわんこも同様。
いつまで吠え続けれるか長く歩き続けながらとことんやってみなはれ。

途中でわんこがくじけそうになってからが勝負。
水を飲ませるもよし、頭から水をかけるもよし。

「いつもの勢いはどうした!それでも犬か!」と叱咤すればよい。

引っ張ったり吠えたりするわんこには、「それどころじゃない」という状況を与え、“マジで生きる”という経験をさせなさい。

それから飼い主であるあなたがどう考えたか、飼い犬であるわんこがどう感じたかを総括してごらんなさい。

少なくとも“今まで”とは違った感情が芽生えてくるでしょう。

わんこは飼い主が管理し育てているのです。
わんこと暮らす喜びはそんな見えない基盤の上に成り立っているのです。

何度も言う
あなたはわんこを家族の一員として迎え入れたいと思い暮らし始めた。
なのに、ウサギや亀のように飼育していないか?
牛や豚のように肥育していないか?
我が子としてちゃんと育てていますか?(経験と教導を意識して与えているか)

そもそも、わんこは1年で成人することを理解しての話なのですが、本当にそのことは飼い主になろうとしているあなたの念頭にあるのですか。
 


- Web Diary ver 1.26 -